The ABEE(ジ・エイビー) -おかげさまで月間10,000PVを突破しましたブログ。

札幌でシンガーソングライターとして、ソロで音楽活動を行っておりますThe ABEE(ジ・エイビー)のブログです。おかげさまで、月間10,000PVを突破致しました。普段自身の公式サイトでは語らない事などをこちらのブログにて書かせていただきます。


スポンサードリンク

Cost…?

 

Thank you for "1,000" times of number of the
reproduction breakthroughs!!!!!

m.youtube.com

 

Thank you for "500" times of number of the
reproduction breakthroughs!!!!!

m.youtube.com

 

こんにちは!Japanese Sapporo Singer Song Writer (札幌シンガーソングライター)

The ABEE(ジ·エイビー)です!

前回Twitterという情報サービスに関して話すところまで沢山話してしまいましたが…

 

www.theabee-blog.com

 

 実はTwitter(ツイッター)自体は情報を発信して行く情報インフラのようなものであって、

決して個人の人間関係や人と人との繋がりを作るネットサービスでは無いという、SNSと若干の違いがある。

このツイッターのいう情報発信というのは、企業・会社だけでなくて…個人でも情報発信として価値のあるものをTwitterを通じて発信する事が出来る。

少なくとも、そのTwitter利用者自身の日常自体が情報発信であり、

自身のツイートに(情報発信する事の)価値を見出だす事で、それがいつの間にか情報インフラの一部になって行く

という事でしたね。

しかしながらそのような情報サービスの中で

不平不満・愚痴をこぼしたりする方や

誰が共感しているのか分からない、意味があるかどうか分からない(?)内容を

毎分毎秒ツイートされている方

のツイートに情報インフラの価値があるかどうか…というようなものもございますので、

・ツイッターを新規・既存問わずユーザー登録している人々は

毎月500円を支払う事でつぶやきを行う事が出来る。

・月額500円を支払わない人々(無料でTwitterを利用したい人)は、

ツイッター利用者のツイートは閲覧する事が出来るが、

自分からツイートをする事は出来ない。

 

という感じで

Twitterを有料化したら、ツイッターで意味のある・自分自身で価値のあるツイートをして情報発信出来る基盤が出来るのかなと考え(というか妄想)してみました。

 

Twitterが有料化されて、愚痴や意味を感じない内容をツイートしている人が

有料化がキッカケで辞めて行くという理論が成り立つなら…あたかも依存性のあるかのような嗜好品を嗜むのを辞めて行くパターンに近いのかな・Twitterも依存性のある嗜好品のようにみなしている認識なのだろうかと考えてしまいます。

 

一方でTwitter でもSNSでも、キチンと自分なりに価値を見出して利用している利用者は有料化されても続けると思う。

 

じゃあ私は有料化に賛成なのかと言うと

必ずしもそうでは無い。

まだ無料で良いと思います。

実際に震災が起こった時、災害が起こった時…

多くの人が被災地へ向けて出来る限り

役に立つ情報をツイートしていたと思います

(「災害時は、この状況に気をつけて!」など)。

多くの人々が

災害時に気をつけるべき事をTwitterを通して被災者の方々に向けて

ツイートしていたと思います。

 

もしTwitterを使わなければ・助けを求めなければいけない出来事があったとすれば…

それはTwitterで発信して知らせて行かなければいけないと思う。ネットで何かしらのSOSを発信して行けば…きっと助かる命だってあるかもしれないから。

だから、Twitterの無料である事のメリットを少しでも信じたい。

…前回はこんなお話しでした。

 

先程上記の内容で、Twitter でもSNSでも、キチンと自分なりに価値を見出して利用している利用者は有料化されても続けると思う。

 

仮にTwitterが有料化したとしても、私はお金を払ってでもTwitter を続けます。

なぜなら

自身のツイートに対して、それ相応に自分なりに価値を見出して利用しているからと考えているからです。

 

TwitterやSNSで自身が発信しているツイートに

キチンと自分なりに価値を見出して利用している利用者は

有料化されても続けると思います。

だって

会社・企業さんだけでなく…音楽活動を

されている方々だって、映画を作っている方々や

デザインをされている方、もの作りのクリエイターさんだって、

それに見合った費用(コスト)を出してこそ
自身のやりたい活動を進めているから、
それに見合った投資を行ってこそ
得られる価値を自分でキチンと作り出しているんだと考えます。

f:id:the-abee:20170319121531p:plain

企業・会社さんは活動を行う上で費用をかける事によって

集客や利益にして行くし、

 音楽活動をされている方だって自分に見あった費用(コスト)を捻出する事によって、多くの方々に自身の音楽を聴いてくださる事に価値を見出だしている。

 

映画・映像・芸術・文学等々…作品を作るもの作りを行うクリエイターさんの方々tは

もの作り→ 制作を行うにあたってそれに見あった費用(コスト)を捻出する。

その費用(ここでは制作費)をかけて作品を作り・それを販売する事によって利益を得て、その利益の一部を新しい作品をつくるための費用に一部あてて、

また新しい作品を作る。

…という感じであると考えております。

 

これを自身が行っている音楽活動に当てはめて行くと(かなり単純な例で行きます)

「作品を作る事」に関しては楽曲制作・レコーディング・楽曲制作に関して制作費を捻出する→ 完成した楽曲を販売して利益を得る→次の作品を作るために費用を捻出して新しい楽曲を作る(但し、CDの売り上げから得た利益でコストを費用を捻出するとは限らない)、

ライブ活動ならノルマ(通常のブッキングライブであれば、バンド・ソロ・ユニット等で活動されていらっしゃる方々にはノルマがつきものです)がある事を前提に話すと…出演者がお客様を集めて、集めた分ノルマを減らして自分の収益に変えて行くというシチュエーションですが…集客で得たチケット代が一定のノルマを超えたら、その何%かはバックとしていただく、つまりギャラという形になる(言葉に誤解があったらすみません)。出演者が自ら設置した物販で、お客様にその物販の品を買っていただく事で、それが自身の利益(または収益)となる。

ライブ活動では、現在ではチケットノルマがライブを行うにあたっての費用となる。ライブ会場での機材の貸し出しも費用になりますよね。

チケットの売上が一定額を超えたら発生するギャラや物販での売上で新しい楽曲を制作して行く・又はその利益の一部を用いて企画ライブや企画イベントにあてる等々…色々ありますよね。

その中で…もう一つ

 情報発信

です。

 

www.theabee-blog.com

 私、何回か前のブログで

音楽活動に必要なのは

楽曲制作・ライブ活動、そして

情報発信

が必要であると書きました。

先程の音楽活動においては、上記の

作品を作るための楽曲制作にかける費用・ライブ活動におけるチケットノルマや機材の貸し出し等々(他にも沢山ございますが)で費用が発生しますが…

私達インディーズ/アマチュアのフィールドで音楽活動をされている方々は、自身の音楽活動において情報を発信する際、SNS やホームページ・ブログ(ここでは無料作成サイトで作ったHP・ブログとする)を利用して情報を発信しておりますが…

不思議な事に、

私達はネットサービスを使った情報サービスに
ほとんどお金をかけておりません。

例えばTwitterなら、私達は無料でユーザー登録をしてツイッターで情報を発信しております。制作した楽曲・CDの宣伝、ライブ告知等々…良識の範囲内でならたくさん行う事が出来ます。

しかしながら、無料の情報サービスで宣伝を行っても

ユーザーに届く範囲には限界があると私は感じております。

情報発信をして宣伝・プロモーションを行うには、無料サービスだと限界があると思います。

しかしながら、

必ずしもお金をかけること
=コストをかける事が大事な事であるとは限らないです。

それに関してはまた次回で!

 

それではっ!

 

#theabee 

 

 

もしツイッターが有料になったら…それでも続ける?

 

m.youtube.com

こんにちは!Japanese Sapporo Singer Song Writer 

The ABEE(ジ・エイビー)です!

さてさて、前回も色々話してしまいましたが…

やはり我々が普段日常から使っているSNS・Twitterはキチンと考えて使わなきゃダメだと思うんですよ。

 

www.theabee-blog.com

 Twitterは情報を発信して行く情報インフラのようなものであって、

決して個人の人間関係や人と人との繋がりを作るネットサービスでは無いというのが事実であって、そこがSNSと若干の違いであるというのはかなり五月蝿く結構書いてしまっておりますが、

結局のところSNSもTwitterも、開発・提供している会社の中で作られた小さなWebサイトなんですよ。その小さなWebサイトをほぼ無料で作れて、しかも自由に発信する事が出来るから、非常に便利な情報サービスなんですよ。

 

…我々がTwitterで利用している一般アカウントはほぼ無料。

無料なんです。

タダでアカウントを作成して、Twitterを使うにあたって何のコストもかけずに自身で発信したい情報を発信できる。コレって改めて考えるとやっぱスゴい事なんですよ。

無料HP作成サイトや無料ブログの作成だってそう。

HPやブログに関しては…恐らく10~15年前とかは、開設するならサーバーに月額のお金を支払わなきゃ動かせなかったし、お金をかけてURLなどの独自ドメインを取得しなければ自分のサイトや独自のブログを開設出来なかったんですよ。

それが今では無料の作成サイトでユーザー登録するだけで(サーバー容量やドメインに一定の制限はありますが)簡単にホームページやブログが作成出来てしまう。

この10~15年で本当に進歩したと思いますよ。

更にSNSの普及で、特にHPやブログを作らなくても

SNSにユーザー登録するだけで発信したい情報を常に流す事が出来る。

今のネットサービスというものは本当にスゴい。

 

またTwitterの話になってしまうけど、「情報発信」というのは、

別に自身の行っている音楽活動とかだけではなくて、

自分の日常の事に関するつぶやきでもOKなんです。

「今日はこういう料理を食べました」とか「こういう映画を見ました」とかでも

良いんです。その場合は

少なくとも、そのTwitter利用者自身の日常自体が情報発信であり、
自身のツイートに(情報発信する事の)価値を見出だす事で、それがいつの間にか情報インフラの一部になって行く

…という事になったらスゴいですよね。

会社や企業が情報発信する事でツイッターの情報インフラ的なものが成立しておりますが、

その中で一般の・一個人の方々も情報インフラの一部になっていて

きっと「価値があるであろう」情報を発信しているんだと思います。

自分が発信しているツイートに価値があるかどうかは、それは周りの人々が決める事なので何とも言えません。

私The ABEEの発信しているツイートに価値はあるのかどうかと聞かれたら

…それは周りの方々が判断する事なので分かりません(笑)

f:id:the-abee:20170317092818p:plain

 

ただ我々がTwitterの中で、情報インフラの一部としてツイートを行っている

という事は…そのツイートに価値があるないに関わらず

責任

というものが伴っているかと思います。

 

前回引用しました少佐の言葉を借りると…

ネットは広大

です。

その広いインターネットという空間の中には

「自由」もありますが同時に「責任」もございます。

自由な広いネットの海を渡り歩くにも発言するにも責任

というものがあるんですよね。

どなたかが「不自由さの中に自由はある」とおっしゃってましたが、

その通りだと思います。

私のこの個人ブログにだって、自由に書く空間がある以上は

良識の範囲を持って書くという責任がございます。

私のブログに一定の価値があるのか、それは分かりません。
ただ、自由に書けるって思いがちな分、
キチンと責任を持って書いて行きたいと考えております。

 

日常を日々を生きていると、ツラい事や大変な事・怒りたい事が

たくさんあるかと思いますが…

その気持ちを抑えながらもギリギリの気持ちでツイートしている人が

いるのも知っております。

特に私達日本人は何かと気を使って無理して頑張っちゃう傾向があるから、

尚更大変ですよ…。

 

そんな我慢して過ごす日々の中でも、

抑えが効かなくなって不平不満・愚痴をこぼしてツイートしている方々も

いらっしゃる方もいるのも分かります。

でも、

怒りをぶちまけたツイートをしたら

そのツイートを目にした人々は不快な思いをしますし、

その個人的なストレスや怒りをぶちまけたツイートに果たして価値はあるのでしょうか?

今から話す内容は

「もしこうだったらどうなる?」

という内容であって

あくまでも僕の妄想です

 

もしTwitterが月額500円払わないとツイートが出来ないという感じで、

ツイッターが有料化されたとしら…それでも皆さん続けますか?

 

という内容です。

 

この時点で「うっ…」って思った方どの位いらっしゃるでしょうか?

又は、ツイッターで不平不満・愚痴をツイートして

しまっている方々は、

その愚痴をツイートしてしまっているツイート自体に価値があるのか?

と疑問に感じてしまうかと思います。

上記の内容(というか妄想(笑))、もっと細かく

説明をすると

・新規・既存問わずユーザー登録している人々は
毎月500円を支払う事でつぶやきを行う事が出来る。
・月額500円を支払わない人々(無料でTwitterを利用したい人)は、
ツイッター利用者のツイートは閲覧する事が出来るが、
自分からツイートをする事は出来ない。

・公序良俗等に違反するようなツイートを行うアカウントは

通報(又は運営側が見つけ)次第凍結。しばらく

Twitterが出来ない状態にするように対処する

 

とか、そんな感じですかね?3つ目の公序良俗は何を基準にするかは

人の判断によりますが、

 

もしツイッターを有料化するなら

1つ目と2つ目を実行出来れば、かなりネット環境も変わるのではないかと

考えております。

 

例えば、ツイッターを不満・愚痴の捌け口に使っている方が

月額500円を払ってまで愚痴をつぶやくでしょうか?

誰が共感しているのか分からない、意味があるかどうか分からない(?)内容を

毎分毎秒ツイートされている方は月額500円を払ってまでそのツイートを連投しまくるでしょうか?

そういった方は、有料化されたらすぐツイッターを辞めるでしょうね(苦笑)

その情報サービスにお金がかかると知った時に、

自分のツイートに費用(コスト)をかける価値があるのかと考えてしまう可能性が

あるからです。

恐らくそういう人は半分の250円でも100円でも、

もうやらなくなると思います。

 

何か例えると…アレですね

ある日500だったものが急に1000円に値上がりしたら
吸うのを辞めるんじゃないかみたいな考えと似てますね。

いや、どんなに値上げしたとしても嗜好品を買う人は買うですし、

それは飛躍し過ぎたかもしれませんね(大変失礼致しました)。

でも、

もしお酒やタバコのような、依存性のある嗜好品が
急に値上がりして嗜む人が減少するという理論がまかり通るなら、
Twitterも有料化すれば利用者が減少するのではないかという事と似ています。

もしTwitterが有料化されて、愚痴や意味を感じない内容をツイートしている人が

辞めて行ったら…あたかも依存性のあるかのような嗜好品を嗜むのを

辞めて行くパターンとかなり似ています。

もしそうであったら、TwitterもSNSも…

ある日突然、月額料金がかかる有料コンテンツになって

しまって利用者が減少してしまうのであれば…

悲しいかな

TwitterもSNSも、依存性の強い嗜好品である事と同じになってしまう

という事になってしまいますね…。

でも

TwitterやSNSで自身が発信しているツイートに

キチンと自分なりに価値を見出して利用している利用者は

有料化されても続けると思います。

だって

会社・企業さんだけでなく…音楽活動を

されている方々だって、映画を作っている方々や

もの作りのクリエイターさんだって、

それに見合った費用(コスト)を出してこそ

自身のやりたい活動を進めているから、

それに見合った投資を行ってこそ

得られる価値を自分でキチンと作り出しているんだもの

(この話は次回もっと深く書いて行きたいです)。

 

話をTwitterに戻しますが、

ツイッターというネットサービスは現在ありがたい事に

無料です。

無料であるが故に

何でもして良い・何をツイートしても良い

と色々履き違えている方々が多い気がします。

タダで・ほぼ0円で出来るからこそ、様々な個人や企業が参入出来て、

各々が発信したい情報を発信出来る

空間があるのではないかと思います。

ただ

無料だから何でもつぶやいて良いんだ何を喋っても自由だ

というのは

それは大きな間違いだと思います。

無料=無秩序・無法地帯じゃない。
肩パット付けてバイク乗ってるモヒカン頭の人が「ヒャッハー!」
って言ってるような 世はまさに世紀末! 状態の空間では無いんですよ。ネットって。

無料ゆえに、頭が少し緩みそうになっている現状が

少なからずある訳なんですよ(少し言い過ぎました)。

 

じゃあ私は有料化に賛成なのかと言うと

必ずしもそうではないです。

まだ無料で良いと思います。
何でかって言うと…
無料で出来る情報サービスだからこそ、
少しでも困っている多くの人の手助けになる可能性があるからです。

震災が起こった時、災害が起こった時…

多くの人が被災地へ向けて出来る限り

役に立つ情報をツイートしていたと思います

(「災害時は、この状況に気をつけて!」など)。

被災地にいる被災者の方々も、被災地の状況を可能な限り

ツイートで説明したり、それに対して多くの人々が

災害時に気をつけるべき事をTwitterを通してアドバイスしてたと

思います。

もしTwitterを使わなければ・助けを求めなければいけない出来事があったとすれば…
それはTwitterで発信して知らせて行かなければいけないと思う。ネットで何かしらのSOSを発信して行けば…きっと助かる命だってあるかもしれないから。

そう考えております。

 

ツイッターは無料で発信したい情報を発信できるから、

それが誰かのためになるから、

必要な情報サービスであると僕は信じたい。

Twitterは、出来ればキチンとした

情報インフラとして機能して欲しいと願う今日この頃です。

 

さて、次回は何を話すべきか。

今回はここまで!

それではっ!

 

#theabee

 

ネットに投稿するという事は…記録にも記憶にも残ってしまう(良くも悪くも)。

Thank you for “500“ times of number of the reproduction breakthroughs!!!
再生回数500回突破、ありがとうございます!!!

www.youtube.com

 

こちらは再生回数1,000回突破!!

まだご覧になっていない方は、お時間ございましたら是非ご覧下さいませ!

www.youtube.com

 

こんにちは!Japanese Sapporo Singer Song Writer(札幌シンガーソングライター)

The ABEE(ジ・エイビー)です!

前回のブログ、読んで下さってありがとうございました!!

www.theabee-blog.com

 

大変生意気な事を書いてしまったかもしれませんが…

前回に引き続き、今回も書かせていただきます!

 

さて…前回は何を書いたかというと、

SNSやTwitterに関して書きまして、

SNSとTwitterは同じであるように見えて実は違いがある

という事をブログにて書きました。

SNSとは、人と人とのつながりを促進・支援する、コミュニティ型のWebサイトおよびネットサービス。
友人・知人間のコミュニケーションを円滑にする手段や場を提供したり、趣味や嗜好、居住地域、出身校、あるいは「友人の友人」といったつながりを通じて新たな人間関係を構築する場を提供する会員制のサービスで、Webサイトや専用のスマートフォンアプリなどで閲覧・利用することができる。テーマや登録資格を絞った特定分野限定のSNSや、企業などが従業員間の情報共有や交流促進のために運用する社内SNS、OpenPNEなど自らSNSを開設・運用することができるソフトウェアなどもある。

出典: SNSとは|ソーシャルネットワーキングサービス|Social Networking Service : 意味/定義 - IT用語辞典
IT用語辞典 e-Words「SNS 【 Social Networking Service 】 ソーシャルネットワーキングサービス」というページから一部引用。

 

というワードをベースに書いて行きまして、ここから分かる事は、

僕ら一人一人が、無料でアカウントを作成した時点で

SNSの会社が開発したウェブサービスの中で、もう既に規模の小さなウェブサイトを・個人のウェブサイトを持っているという事なんですよ。

その中で、仲の良い友達がネットを通じてSNSでやり取りしたり、(良識の範囲内で)趣味が合う仲間がSNSでお互いの好きな物事を語り合ったりして人と人とのつながりを構築して行き、
 
個人とは逆に、ビジネス的な戦略として(キチンとした倫理観・モラルのある)会社・組織などが情報を発信して行き、社会的な繋がりを構築する事が出来るウェブサイトにもなりうる。

 

というのがSNSであるのではないかというお話しでした。

私も含めて「SNSと言えば…Twitterだよね!」と思っている方も多いかと思いますが、

実はSNSの概念とは若干の違いがございます。

Twitterとは、情報のインフラ(社会基盤)です。 

出典… ツイッター(Twitter)とは - ツイナビ より。

 

Twitterのミッションは、言語や文化などの障壁をなくして、思いついたアイデアや見つけた情報を一瞬にして共有する力をすべての人に提供することです。

出典…  Twitter, Inc.について | About より引用。

 

緩い「繋がり」(人間関係)が発生し、広い意味でのソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) の1つといわれることもあるが、Twitter社自身は「社会的な要素を備えたコミュニケーションネットワーク」(通信網)であると規定し、SNSではないとしている。また、一部マスメディアによって「ミニブログ」「マイクロブログ」といったカテゴリーに分類されることもあったが、Twitter社はそのように定義していない。

出典… Twitter - Wikipedia より一部引用。

 

上記の言葉を自分なりにまとめると

Twitterは自分から情報を発信して社会的なコミュニケーションをはかる情報インフラであって、SNSのように人と人との繋がりを作るようなネットサービスでは無い。

との事です。

f:id:the-abee:20170317103807p:plain

 

「今更そんな事言われても…」って思うかもしれませんが、それが本来のツイッターであって、SNSではない・SNSとは違うという事の根拠の一つだそうです。

 

でも実際、そう考えてみたら…キチンとしたモラルの範囲内でツイートしなければいけないという意識になると思いますよ?

 

Twitterで、日常でつい不平不満や愚痴をこぼしてしまうツイートをしてしまったり、特定の個人を攻撃しまうツイートをしてしまったり…果たしてそれは社会的なコミュニケーションをはかる行為なのでしょうか?情報インフラの一環として成り立っているのでしょうか…?

 

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関する事、たくさん書いておりますが…私のコチラの個人ブログ、どのような年代層の方々が読んでいるかはなかなか把握できていないので大変申し訳ないのですが…

少なくとも私達「大人」と呼ばれるは人達は、意外にもSNSに関して勉強不足というか…なかなかキチンとした使い方が出来ていないのが現状です(きっと、私もキチンと使えていない可能性が高いです)。

私達は当たり前のようにほぼ日常的にネットを利用しているのに、意外にもネット…特にSNSに関しての知識やモラルというものがなかなか頭に入っていないのではないのかなと。

特に、日常に関する不平不満をぶちまけたり愚痴をこぼしたりするツイートをついうっかりストレートに呟いてしまったり…とか。

でもそれってうっかりしていると、自分に跳ね返って来るんじゃないかなって考える事がございます。

 

例えばの話ですが、「今日職場で○○が~…」ってツイートしてしまったとします。

自分の職場にいる人を実名で(苗字や下の名前、どれか一部を書いたとしても)悪口を書いたり攻撃したりするようなツイートをしたとしたら…それはかなり問題になると思います(みんなが分かるようなあだ名でもアウトかも)。

もし悪口を書かれた人がそのツイートを見てしまったら、その人は傷つくし…場合によっては怒りという感情も出てしまいますよね。

ツイッターは基本的に全世界に向けて自身のツイートを発信している情報サービスです(仮に相互フォロー間での内輪ノリでも、鍵をかけていない限りは誰でも見れます)。

仮に悪口を書かれた本人が見ていなくても、第三者が見ている訳です。

もし名指しで悪口を書いたツイートを…

悪口を書かれた本人や第三者が目撃して通報されたり、場合によっては訴えられたりして来たらどうしますか…?

アカウント凍結だけでなく、法的に訴えて来たらどうします?

「あ…やべ…っ!」って思って過去のツイートを削除しようとしても…

一度つぶやいてしまったツイートって、削除してもそれ…

場合によっては、ある一定期間はサーバーに残っているかもしれないんですよ…?

 

もし誰かが「これは個人を誹謗中傷した悪質なツイートだ!」とか「これは個人を不快にさせる悪質なツイートだ!」って思って通報したとします。

よろしくないツイートをしてしまった本人が慌ててすぐにツイートを削除してしまったとしても、ツイート(画像付きで投稿したものとかも含む)は確か一定期間サーバーに残っているかと思います。

仮にもしサーバーに残っていなかったとしても…ネット上のどこかの検索エンジンにそのツイートの履歴は残っている可能性だってあるし。

そういったツイートはサービス元などが調査すれば削除されたツイートだって見つける事が出来る可能性だってあるし…そうなったら大変ですよね。

ですのでTwitterのツイートって…

あとで消す消さないにしても、一度投稿してしまえばそれは残ってしまうかもしれないという事を頭に入れておかなければいけないですよね。

 

一度生成したツイートはネット上にずっと存在するかもしれない。
だから、ネットに投稿するという事はどういう事なのか、
よく考えなければいけない。

 

 

 

いきなり話変わりますが…

私、アニメ映画で押井守監督の「GHOST IN THE SHELL /攻殻機動隊」がスゴく好きなのですが(まさかのハリウッド実写化で色々とワクワクしております)、

ここで少佐こと草薙素子の有名なセリフを

さてどこへ行こうかしら、ネットは広大だわ

出典: GHOST IN THE SHELL /攻殻機動隊 より一部引用。

 

本編のセリフなのですが、これをもし現実の世界に置き換えて

リンクさせると…文字通り、ネットの世界って広大なんですよね。

あまりにもネットが身近にあり過ぎて、僕らは

「ネットが広い空間である」という事を忘れがちになっている

のではないかと考えてしまう事があります。

だから、ネットがまるで無限空間のように広大である分、

自分の立ち位置をしっかりと認識して

ネットの世界に入って行けば良いのではないかなと

考えます。

 

…さて、話を戻しまして、

今回はTwitterに関して焦点を当てております(SNSとは若干概念が異なるという事を念頭に置いて)。

Twitterで、つい不平不満や愚痴をこぼしてしまうツイートをしてしまったり、攻撃的なツイートをしてしまったりする人というのは…それはきっと人間関係とかから来るものであるのかなと思う。けれど、忘れてはいけないのは、

TwitterというのはSNSとは若干違い、

情報を発信して社会的なコミュニケーションをはかる情報インフラであって、

実はSNSのように人と人との繋がりを作るようなネットサービスでは無い。

 くどいようですが、何度も書きます。

TwitterにはSNSのように、実は人と人とのつながりや人間関係を円滑にしたり促進したりするネットサービスでは無いという事。

いきなりその認識しろというのは難しい話ですが、

少しでも頭に入れておくべきかなと考えます。 

 

私達は一般アカウントを作成して基本的に無料でTwitterを利用しておりますが…

今回はここまでにしまして、

これに関しては次回書きます!

 

たくさん書いてしまいましたが、

別に私はご意見番でもなければ評論家でもございません。

私はただ単に
日常で起こる色々な物事を
発言出来る範囲内でアウトプットしているだけです。

書ける事は沢山書いて行きたいなと考えております。

 

それではっ!

 

#theabee

 


スポンサードリンク