読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The ABEE(ジ・エイビー) -ある意味、私の日々はこちらで綴られる。

札幌でシンガーソングライターとして、ソロで音楽活動を行っておりますThe ABEE(ジ・エイビー)のブログです。普段自身の公式サイトでは語らない事などをこちらのブログにて書かせていただきます。


スポンサードリンク

音楽を発信するという事。

音楽 Japan the abee Japanese music
Thank you for “1,000“ times of number of the reproduction breakthroughs!!!
再生回数1,000回突破、ありがとうございます!!!

www.youtube.com

 

こんにちは!Japanese Sapporo Singer Song Writer(ジャパニーズ札幌シンガーソングライター)

The ABEE(ジ・エイビー)です!

 

主に札幌で、ソロをメインに音楽活動を行っておりますシンガーソングライターです。

前回のブログでもお話しをしておりましたが

 

www.theabee-blog.com

 

Hyper POPというコンセプトをテーマに掲げ、2014年から音楽制作・ライブ活動をコンスタントに行っております!

私の音楽活動の流れ等々は…自身のOfficial Web Siteで発信します!

 

基本的な音楽活動の内容としては、

・自身で作詞/作曲したオリジナル楽曲を制作→音源制作

楽曲(音源)制作を行うにあたっては、 基本的に私はボーカル/ギターがメインですが、ギター以外にもベース・生ドラムも演奏する事が出来るので、録音機材を用いて全て一人でバンドサウンドを作り上げます。

ボーカル・ギター・ベースは基本的に宅録。

生ドラムはスタジオにて自主的にマイクを立てて録音。

 

毎月行うライブ活動…

ライブハウスでは、予め録音機材であるMTRにて録音したバンドサウンド(生ドラムはスタジオにて自主的にマイクを立てて録音、ベースは宅録)をバックに、自身はギターボーカルを行うという形でライブを行う。

www.youtube.com

 

ライブBARでは、アコースティック弾き語りのフォーマットで歌い・演奏する。

www.youtube.com

 

The ABEE(ジ・エイビー)の主な音楽情報の発信源…

メインは自身の公式ウェブサイトです。

 

自身で公開しているライブ映像の動画はYouTubeチャンネル

The ABEEにて

www.youtube.com

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(いわゆるSNS)

ではTwitter(ツイッター)

@abee_music

Facebookページ(※個人アカウントではございません)

ページ名「The ABEE」

がございます。

音源公開は

SoundCloud(サウンドクラウド)で行っております。

myspace…?現在こちらでの更新はほとんどないです(汗)

soundcloud.com

 私The ABEE(ジ・エイビー)の写真や動画は

Instagram(インスタグラム)で定期的に投稿を行っております。

www.instagram.com

 

…とまぁこんな感じで、自身の音楽活動に関する情報を積極的に発信しております。

音楽や自身の情報を発信するにあたって私が心掛けているのは…

地元で完結させない事

だと感じております。

私、Sapporo Singer Song Writerと名乗っている(いや、若しくは自称している)だけあって、活動の拠点は札幌になっております。北海道という一つの地方(自治体)に存在している以上は地元で発信していくべきだろという意見もございますが…

地元だけで音楽を発信しているだけじゃ足りないんですよ。
外の世界にも自身の音楽を発信して行かなきゃダメなんです。

 

「随分生意気だなこの…!」って思う方もいらっしゃるかとは思いますが、

私自身、音楽を作る事が好きで好きでたまらなくて、幸いにも「オリジナル楽曲を作る事が出来る」という能力を持っております。自分だけでなく、周りの人達が「良いね!」と感じるような音楽を作る事に全力です。私が音楽活動を現在も行う理由としては、

「自分が作った音楽を多くの人に聴かせたい」

というのが最大の原動力なんですよね。

「いやだから、地元の北海道からキチンと動いてから始めろよ」という意見もごもっともです。

地元で動いてる立場から言うと…

これに関しては僕にも意見があって、色々言いたい事があるのですが…

これは少しシビアな話になるので…近々言葉を慎重に選んで近い内にブログで書いて行きたいと考えております(抑えておかないと、結構失礼な発言ばかりしてしまうので)!

 

地元で音楽を発信する事は勿論必要な事なので行っておりますが…インターネット・PC・スマートフォン・タブレット

…当たり前のように僕らが使っている機器をネット回線に繋げれば、幾らでも自身のやりたい音楽を相手に発信できる。

良いものは良い・良くないものは良くない・悪いものは悪い

…様々な意見とキチンと向き合う事が出来ます!

私自身も様々なコンテンツで、地元を突き抜けて道外・本州・国内・上手く行けば海外まで自身の音楽や情報を発信出来ているので、少しずつですが「外の世界(世界中では無い)」にも発信出来ております。

その中で、少数ですがコメントをいただく事もございます。

「Cool!」というお言葉をいただいた一方で「へたくそ。なにそれ」という言葉もいただいた事もございます(実体験)。

褒めていただける一方で、批判のお言葉もいただく事も少しながらですがございます。

批判されるのが怖いと考える方は…無理せず、自分に見合った発信の仕方をした方が良いと思います。

批判が無くとも、「こうした方が良いんじゃないかな?」というアドバイスをいただく事もございますので、それは無駄にはせず、しっかりと話を聴いてアドバイスの意味を理解して

自分の悪い所を直して行く。

直して行く中で更に「ここはこうした方が良いんじゃない?」というアドバイスをいただくので…人の話はしっかりと聴いて、改善して行きながら良い音楽活動を行って行くのが最高ですよね

(少なくとも、周りにイエスマンばっかりだったらそれはそれで疑問が多々あるので)。

 

ただ悲しいのは、肯定も批判もされずに知らず知らずの内にスルーされてしまう人達だと思うんですよね。

周りが悪いという訳ではないのですが、知らないどころか

「気付かれない」「存在を認識されていない」という方々が沢山いるのが現実なんですよね(もちろん私もその部類の人かもしれませんが)。

誤解しないで欲しいのは、僕は自己顕示欲とか承認欲求のために音楽をやっている訳ではございません。

再度申し上げますと

「自分が作った音楽を多くの人々に聴かせたい」

という考えが根っこにあるのです。「俺が目立ちたいから音楽をやる」のではないのです。

「自分の作った音楽が多くの人の耳に入ってきて欲しいから音楽をやっている」という気持ちがございます。

ぶっちゃけ僕自身が表舞台に立って音楽を披露するのが正しいのかと言われたら、それは「?」ですね。

f:id:the-abee:20170311042358j:plain

僕の作った音楽を誰かが演奏して一つの曲にしても良いという気持ちもあるし、僕が演奏しなくても・もっと言えば、僕が歌わなくても僕が作った楽曲を演奏して下さる方々がいる・歌って下さる方々がいる。僕の作った音楽が僕以外の人々によって一つの楽曲を作っても構わないという考えも個人的にはございます。

だから、「俺が目立ちたいから」とか「俺が認められて欲しい」とか、それは僕の目的じゃないから。ぶっちゃけ言うと、僕は音楽を作るだけであって、僕はそこにいなくても良いんですよ。

何というか…

自分を好きになって欲しいとかじゃ無くて

僕の音楽を好きになって欲しい

というのが僕の最大の目標・目的なのかもしれません。

ありがたい事に、私の作る音楽を「好き!」といって下さる方々は少しずつですが増えております。

ゆえに今回は

「自分が作った音楽を多くの人々に聴かせたい」

という気持ちを書きたかったのです。

The ABEEの作る音楽を好きと言って下さる方々がいる。

良いと言って下さる方々がいる。

本当に嬉しい事です。

「こんな俺にも出来る事があるんだ」

って、本気でそう思っている。

2014年から自身で、ソロで音楽活動を始めて約3年が経ちましたが…俺はこのまま突き進んで行きたいです。

立ち止まる訳には行かない。ここまで来たんだから。

こうやって自身のコンテンツも発信出来て、ライブも出来て、音楽も音源も作る事が出来ている。

自身の置かれている環境の中で、一つでも肯定できるものがあれば、それを信じて突っ走れば良いじゃないの。

立ち止まったりくすぶったりしている人は世の中に沢山いる。

でも少しでも…少しでも自分の中に、誰かのためになるものを見つける事が出来たら…履き違えないように・そいつを信じて前に進むべきだろ。

 

自分の中にある音楽が少しでも、誰かのために・何かのために前向きに出来るサウンドなら…自分の作る音楽を発信して行くべきだと感じております。 

 

長くなりましたが…ブログ最後までよんでいただきましてありがとうございました。

 

ブログというコンテンツでキチンと自分の言いたい事を発信出来るのはありがたい事です(誤解が無い事を願うが…)。

「そういう事はTwitterとかのSNSで喋れば良いんじゃね?」

という意見があるかもしれませんが、僕は違うと考えてます。

だってSNSはそういうツールじゃないから。

これもどっかで話せたらなぁ…(笑)

Twitterに代表されるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)ですが…誰でも無料で手軽に出来る分、つい言っちゃいけない事を言って誰かを傷つけてしまう危険性だってあるんですよね(ブログも勿論気を付けなければですが…)。

SNSで口を滑らせてしまう人々はきっとたくさんいますので…

自分自身そういう人にならないように気を付けなければいけませんね。

 

今回のブログはここまで!

それではっ!

 

#theabee

 

 


スポンサードリンク