The ABEE(ジ・エイビー) -おかげさまで月間10,000PVを突破しましたブログ。

札幌でシンガーソングライターとして、ソロで音楽活動を行っておりますThe ABEE(ジ・エイビー)のブログです。おかげさまで、月間10,000PVを突破致しました。普段自身の公式サイトでは語らない事などをこちらのブログにて書かせていただきます。


スポンサードリンク

もしツイッターが有料になったら…それでも続ける?

 

m.youtube.com

こんにちは!Japanese Sapporo Singer Song Writer 

The ABEE(ジ・エイビー)です!

さてさて、前回も色々話してしまいましたが…

やはり我々が普段日常から使っているSNS・Twitterはキチンと考えて使わなきゃダメだと思うんですよ。

 

www.theabee-blog.com

 Twitterは情報を発信して行く情報インフラのようなものであって、

決して個人の人間関係や人と人との繋がりを作るネットサービスでは無いというのが事実であって、そこがSNSと若干の違いであるというのはかなり五月蝿く結構書いてしまっておりますが、

結局のところSNSもTwitterも、開発・提供している会社の中で作られた小さなWebサイトなんですよ。その小さなWebサイトをほぼ無料で作れて、しかも自由に発信する事が出来るから、非常に便利な情報サービスなんですよ。

 

…我々がTwitterで利用している一般アカウントはほぼ無料。

無料なんです。

タダでアカウントを作成して、Twitterを使うにあたって何のコストもかけずに自身で発信したい情報を発信できる。コレって改めて考えるとやっぱスゴい事なんですよ。

無料HP作成サイトや無料ブログの作成だってそう。

HPやブログに関しては…恐らく10~15年前とかは、開設するならサーバーに月額のお金を支払わなきゃ動かせなかったし、お金をかけてURLなどの独自ドメインを取得しなければ自分のサイトや独自のブログを開設出来なかったんですよ。

それが今では無料の作成サイトでユーザー登録するだけで(サーバー容量やドメインに一定の制限はありますが)簡単にホームページやブログが作成出来てしまう。

この10~15年で本当に進歩したと思いますよ。

更にSNSの普及で、特にHPやブログを作らなくても

SNSにユーザー登録するだけで発信したい情報を常に流す事が出来る。

今のネットサービスというものは本当にスゴい。

 

またTwitterの話になってしまうけど、「情報発信」というのは、

別に自身の行っている音楽活動とかだけではなくて、

自分の日常の事に関するつぶやきでもOKなんです。

「今日はこういう料理を食べました」とか「こういう映画を見ました」とかでも

良いんです。その場合は

少なくとも、そのTwitter利用者自身の日常自体が情報発信であり、
自身のツイートに(情報発信する事の)価値を見出だす事で、それがいつの間にか情報インフラの一部になって行く

…という事になったらスゴいですよね。

会社や企業が情報発信する事でツイッターの情報インフラ的なものが成立しておりますが、

その中で一般の・一個人の方々も情報インフラの一部になっていて

きっと「価値があるであろう」情報を発信しているんだと思います。

自分が発信しているツイートに価値があるかどうかは、それは周りの人々が決める事なので何とも言えません。

私The ABEEの発信しているツイートに価値はあるのかどうかと聞かれたら

…それは周りの方々が判断する事なので分かりません(笑)

f:id:the-abee:20170317092818p:plain

 

ただ我々がTwitterの中で、情報インフラの一部としてツイートを行っている

という事は…そのツイートに価値があるないに関わらず

責任

というものが伴っているかと思います。

 

前回引用しました少佐の言葉を借りると…

ネットは広大

です。

その広いインターネットという空間の中には

「自由」もありますが同時に「責任」もございます。

自由な広いネットの海を渡り歩くにも発言するにも責任

というものがあるんですよね。

どなたかが「不自由さの中に自由はある」とおっしゃってましたが、

その通りだと思います。

私のこの個人ブログにだって、自由に書く空間がある以上は

良識の範囲を持って書くという責任がございます。

私のブログに一定の価値があるのか、それは分かりません。
ただ、自由に書けるって思いがちな分、
キチンと責任を持って書いて行きたいと考えております。

 

日常を日々を生きていると、ツラい事や大変な事・怒りたい事が

たくさんあるかと思いますが…

その気持ちを抑えながらもギリギリの気持ちでツイートしている人が

いるのも知っております。

特に私達日本人は何かと気を使って無理して頑張っちゃう傾向があるから、

尚更大変ですよ…。

 

そんな我慢して過ごす日々の中でも、

抑えが効かなくなって不平不満・愚痴をこぼしてツイートしている方々も

いらっしゃる方もいるのも分かります。

でも、

怒りをぶちまけたツイートをしたら

そのツイートを目にした人々は不快な思いをしますし、

その個人的なストレスや怒りをぶちまけたツイートに果たして価値はあるのでしょうか?

今から話す内容は

「もしこうだったらどうなる?」

という内容であって

あくまでも僕の妄想です

 

もしTwitterが月額500円払わないとツイートが出来ないという感じで、

ツイッターが有料化されたとしら…それでも皆さん続けますか?

 

という内容です。

 

この時点で「うっ…」って思った方どの位いらっしゃるでしょうか?

又は、ツイッターで不平不満・愚痴をツイートして

しまっている方々は、

その愚痴をツイートしてしまっているツイート自体に価値があるのか?

と疑問に感じてしまうかと思います。

上記の内容(というか妄想(笑))、もっと細かく

説明をすると

・新規・既存問わずユーザー登録している人々は
毎月500円を支払う事でつぶやきを行う事が出来る。
・月額500円を支払わない人々(無料でTwitterを利用したい人)は、
ツイッター利用者のツイートは閲覧する事が出来るが、
自分からツイートをする事は出来ない。

・公序良俗等に違反するようなツイートを行うアカウントは

通報(又は運営側が見つけ)次第凍結。しばらく

Twitterが出来ない状態にするように対処する

 

とか、そんな感じですかね?3つ目の公序良俗は何を基準にするかは

人の判断によりますが、

 

もしツイッターを有料化するなら

1つ目と2つ目を実行出来れば、かなりネット環境も変わるのではないかと

考えております。

 

例えば、ツイッターを不満・愚痴の捌け口に使っている方が

月額500円を払ってまで愚痴をつぶやくでしょうか?

誰が共感しているのか分からない、意味があるかどうか分からない(?)内容を

毎分毎秒ツイートされている方は月額500円を払ってまでそのツイートを連投しまくるでしょうか?

そういった方は、有料化されたらすぐツイッターを辞めるでしょうね(苦笑)

その情報サービスにお金がかかると知った時に、

自分のツイートに費用(コスト)をかける価値があるのかと考えてしまう可能性が

あるからです。

恐らくそういう人は半分の250円でも100円でも、

もうやらなくなると思います。

 

何か例えると…アレですね

ある日500だったものが急に1000円に値上がりしたら
吸うのを辞めるんじゃないかみたいな考えと似てますね。

いや、どんなに値上げしたとしても嗜好品を買う人は買うですし、

それは飛躍し過ぎたかもしれませんね(大変失礼致しました)。

でも、

もしお酒やタバコのような、依存性のある嗜好品が
急に値上がりして嗜む人が減少するという理論がまかり通るなら、
Twitterも有料化すれば利用者が減少するのではないかという事と似ています。

もしTwitterが有料化されて、愚痴や意味を感じない内容をツイートしている人が

辞めて行ったら…あたかも依存性のあるかのような嗜好品を嗜むのを

辞めて行くパターンとかなり似ています。

もしそうであったら、TwitterもSNSも…

ある日突然、月額料金がかかる有料コンテンツになって

しまって利用者が減少してしまうのであれば…

悲しいかな

TwitterもSNSも、依存性の強い嗜好品である事と同じになってしまう

という事になってしまいますね…。

でも

TwitterやSNSで自身が発信しているツイートに

キチンと自分なりに価値を見出して利用している利用者は

有料化されても続けると思います。

だって

会社・企業さんだけでなく…音楽活動を

されている方々だって、映画を作っている方々や

もの作りのクリエイターさんだって、

それに見合った費用(コスト)を出してこそ

自身のやりたい活動を進めているから、

それに見合った投資を行ってこそ

得られる価値を自分でキチンと作り出しているんだもの

(この話は次回もっと深く書いて行きたいです)。

 

話をTwitterに戻しますが、

ツイッターというネットサービスは現在ありがたい事に

無料です。

無料であるが故に

何でもして良い・何をツイートしても良い

と色々履き違えている方々が多い気がします。

タダで・ほぼ0円で出来るからこそ、様々な個人や企業が参入出来て、

各々が発信したい情報を発信出来る

空間があるのではないかと思います。

ただ

無料だから何でもつぶやいて良いんだ何を喋っても自由だ

というのは

それは大きな間違いだと思います。

無料=無秩序・無法地帯じゃない。
肩パット付けてバイク乗ってるモヒカン頭の人が「ヒャッハー!」
って言ってるような 世はまさに世紀末! 状態の空間では無いんですよ。ネットって。

無料ゆえに、頭が少し緩みそうになっている現状が

少なからずある訳なんですよ(少し言い過ぎました)。

 

じゃあ私は有料化に賛成なのかと言うと

必ずしもそうではないです。

まだ無料で良いと思います。
何でかって言うと…
無料で出来る情報サービスだからこそ、
少しでも困っている多くの人の手助けになる可能性があるからです。

震災が起こった時、災害が起こった時…

多くの人が被災地へ向けて出来る限り

役に立つ情報をツイートしていたと思います

(「災害時は、この状況に気をつけて!」など)。

被災地にいる被災者の方々も、被災地の状況を可能な限り

ツイートで説明したり、それに対して多くの人々が

災害時に気をつけるべき事をTwitterを通してアドバイスしてたと

思います。

もしTwitterを使わなければ・助けを求めなければいけない出来事があったとすれば…
それはTwitterで発信して知らせて行かなければいけないと思う。ネットで何かしらのSOSを発信して行けば…きっと助かる命だってあるかもしれないから。

そう考えております。

 

ツイッターは無料で発信したい情報を発信できるから、

それが誰かのためになるから、

必要な情報サービスであると僕は信じたい。

Twitterは、出来ればキチンとした

情報インフラとして機能して欲しいと願う今日この頃です。

 

さて、次回は何を話すべきか。

今回はここまで!

それではっ!

 

#theabee

 


スポンサードリンク