読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The ABEE(ジ・エイビー) -月間2000PVの私の日々は、こちらで綴られる。

札幌でシンガーソングライターとして、ソロで音楽活動を行っておりますThe ABEE(ジ・エイビー)のブログです。普段自身の公式サイトでは語らない事などをこちらのブログにて書かせていただきます。


スポンサードリンク

努力と才能と。

Thank you for 500 times of number of the
reproduction breakthroughs!!!!!
再生回数500回突破、ありがとうございます!!

www.youtube.com

 

こんにちは!
The ABEE(ジ・エイビー)です!
さて、前回突然色々な事を話してしまったので「コイツ、喋り過ぎじゃね?」
って思った方多いかもしれません。

www.theabee-blog.com

 

でも現実に、音楽活動をしている方々だけじゃなくて、
様々なジャンルの・色々な分野で
魅力的な・才能を持った人がいらっしゃるというのは事実でございます。
 
その魅力的な・才能ある人ってのは
その分野でスゴく魅せる力を持っていて魅力的だったり、
そもそもその人自身が魅力的だったり…って感じで、
見方は様々です。
 
極端な事を書くと、
世の中には
「ナチュラルに魅力的な人」

「努力して自身で魅力を磨いて行く人」
に分かれてしまうかもしれない。

 

これを2パターンに分けたら

「ナチュラルに才能を発揮する才能型」

「適切な努力を行い魅力を磨く努力型」

になるのかなと。


私The ABEE自身は努力型(だと思っている)タイプ側の人間だと思っているのですが、

前回のブログでは敢えて言える範囲までキチンと書かせていただきました。

 

努力型の人でも…がむしゃらに頑張る人では無くて、

自身の置かれている状況に見合った
適切な努力をしている人

が良いと考えるんですよね。

 

自分の中にキチンとした目標があって、

その目標に向かって乗り越えるべき壁を乗り越えて

少しずつ・無理のないように

適切に努力している人の方が私は魅力を感じます。

自分の中で乗り越えるべき壁を理解して、

自身の魅力というものに磨きをかけて進化・成長する人。

先々にある…段々と高くなっていく壁を少しずつ乗り越えて、

越えるべきハードルを飛び越えて自身の目標に向かって進む人。

 

そんな努力型の人にスゴく魅力を感じます。

 

でも世の中そんなに甘くない。

 

ある人は、

あなたが少しずつ乗り越えようとしている壁を

いとも簡単に乗り越えてしまう

そんなズバ抜けた才能を持っている人がいる。

 

努力家がどんなに努力をしても乗り越えられない壁があって、
才能がある人は自然とそれを乗り越えてしまう才能がある。

 

そんなナチュラルな才能をもった

才能型の人はスゴく魅力的だと思う(きっと、誰だって魅力を感じると思う)。

 

努力家の一部は、そんな素敵な才能をもった才能型の人に対して

いつしかコンプレックスや劣等感というものを抱く。

できればそんなものは持ちたくはないのだけど、

生きていたら誰だって経験してしまう。

そんな

「才能コンプレックス」(勝手にそう名付けてる)

を前回のブログで書かせていただきました(喋り過ぎなのを承知なうえで)。

 

努力家は、自身の努力では越える事の出来ない、
「才能」っていうのを(仮に嫌でも)向き合っていかなきゃいけない。

「じゃあもっと頑張れば良いだろ!」って思う方いらっしゃるかもしれません。

でもそんなのはただの

(意味があるかどうかすら分からない)がむしゃらな頑張りですし、

なりふり構わず根性というものをベースに頑張れっていう努力は…

それは努力とはまた違う気がするんです。

 

私達はほとんどが努力型の人で(きっと世の中の8割は努力型タイプです)、
でもその努力家が努力した事をナチュラルに越えてしまう「才能」を持った人が
世の中にはいる。

 

努力型の人は、才能型の人にコンプレックスを感じ過ぎてはいけないのかなと思います。こういった劣等感は、後々酷い感情へと変わって行くから…。

この事実とキチンと向き合っていかなきゃいけないと考えております。

キチンと覚悟して向き合って、自分自身はどうするべきか考えるべきだと感じております。

 

…で、

今回はちょっと面白い事を書きたいかなと。

もし世の中が才能と努力で物事の尺度
をはかる世の中であったとします(少し私の妄想も少し入っているかもしれません)。

 

今現在の世の中で

「才能型」と「努力型」の

二極化で片づけるのは…それは違うと思います。

「才能型」と「努力型」の比率を

五分五分で定義するような、

そんな白黒つけるほど単純明快な世の中じゃないですから。

 

思うのは、「才能型」と「努力型」って

才能型:努力型=2:8

の比率で成り立っているのかなと

考えても良いのではないかと考えます。

 

かなり抽象的ですが、

これだけじゃわかりづらいので…

仮に、世の中に「才能」と呼ばれる資源が10割あるとします。

みんなが欲しがる、
目に見えない「才能」という資源の8割を持っている者は世の中(全体)の2割ほどであり、
逆にその「才能」と呼ばれる資源を2割だけしか持っていない者は世の中(全体)の8割ほどである

 

…って書いたら伝わりますかね?

(ここで言いたい事が分かる方もいらっしゃるかと思いますが)

 

才能云々の話から少しズレます。

 

例えば…

世の中の、お金持ちとそうでない人の割合が5:5

の五分五分にキッパリ分かれているかと言われたら

当然、違いますよね?

一部の少数の人々が多くの資源を保有していて、
世の中の多数の人々が少ない資源をそれぞれ保有している

というのが僕らが生きている場所での経済の法則だと思います。

2:8の

パレートの法則 ※

を借りると…

世の中にお金などの「資産」や富と呼ばれるものを沢山持っている人が全体の2割はいて…
世の中の「資産」や富と呼ばれるものを彼らほど持っていない、そうでない人は全体の8割である

というのが分かりやすい例ですよね。

 

※具体的な説明を求める方への引用…
パレートの法則

パレートの法則とは、物事を構成する要素が全体に占める割合には偏りがあり、複数要素のうち一部だけで全量の大部分の割合が占められている、という見方のことである。経済学者パレート(Vilfredo Pareto)が提唱した。元々は、経済学の分野における富の偏在を指したものだったが、今日ではさまざまな分野や場面に敷衍されている。

出典:Weblio辞書 マーケティング用語 のページから一部引用。

 

上記の意味を前提にすると、

先程書いた「2割のお金持ちが全体の8割の富を保有、お金持ちではない8割の方々が全体の2割の富を保有する」

お金持ちの人々の人口:お金持ちではない人々の人口=2:8
お金持ちが所有する富:お金持ちではない人が所有する富=8:2

というのは代表的な例の一つなのです。

 

他にも事例を挙げると

・全商品の上位20%の商品が売上げの80%を占める。
・全顧客の上位20%の顧客が売上げの80%を占める。

出典:Weblio辞書 マーケティング用語 のページから一部引用。

 

だったり…具体性はあるのですが、抽象的な物事の例えにも使われます。

 

この8:2(または2:8)の法則、学校で習う方もいれば

独学で学んだ方もいらっしゃるかと思います(私は学校で習いました)。

 

この2:8の法則ですが…2割8割の数値に多少のバラツキがございますので、

必ずしも正確に統計されるものではないかもしれませんが、

この概念は理にかなっているんじゃないかなと。

f:id:the-abee:20170323140443p:plain

↑上記の画像(自作グラフ)ですが…前回の「才能コンプレックス」の記事を公開のために編集していたのですが、書き終わった後あとTwitterやSNS等でシェアしたらサムネで残ってしまいまして…前回のブログをTwitterやSNS等で見かけた方には、先にネタバレになってしまいました(笑)

 

…とまぁこんな感じで、パレートの法則を用いた例え話は以上です。

 

お話しを戻しますが、上記のパレートの法則をベースに

才能を「資源」ではなく、目に見えない「要素」として置き換えます。

すると

みんなが欲しがる「才能」と呼ばれる要素の8割を持っている才能型は全体の2割いて、
みんなが欲しがる「才能」と呼ばれる要素の2割を持っている努力型は全体の8割いる

となります。 

 

見方によっては

「才能型」の人が世の中(全体)の人口の2割を占めて、

「努力型」の人が世の中(全体)の人口の8割を占める。

才能型:努力型=2:8

 

みたいな感じでも表現できるのかなと感じます。

 

そう考えてみたら

「才能が有る」「才能が無い」

っていう風に分けて考えなくても

世の中には

「ナチュラルに才能を発揮する才能型」
が全体の2割
「適切な努力をして魅力を磨く努力型」

 が全体の8割

っていう風に考えても合点がつくのかなと。

 

…で結局何が言いたかったのかって言うと

「世の中ってそういう風に成り立っているんじゃね?」

って事を言いたいんですよね。

予め、そういった比率で

「最初から特別な才能を持っている人」
「努力によって魅力を磨いて行く人」

の割合って、ある程度決まっているのかなと。

 

…まぁこれは独自の見解になりますので、

「ちげーよ!」って思う方いらっしゃいましたらすみません!

あくまでも私の妄想の一部ですので(笑)

 

今回のブログにつきましては、以上です!

 

最後まで読んで下さってありがとうございました!!

 

次回は何を書くのか…?

 

ひとまず、それではっ!

 

#theabee

 

 


スポンサードリンク