読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The ABEE(ジ・エイビー) -月間2000PVの私の日々は、こちらで綴られる。

札幌でシンガーソングライターとして、ソロで音楽活動を行っておりますThe ABEE(ジ・エイビー)のブログです。普段自身の公式サイトでは語らない事などをこちらのブログにて書かせていただきます。


スポンサードリンク

才能型コンプレックスと向き合う -努力型が考えるべき事。

Check out this YouTube Channel !

www.youtube.com

 

こんにちは!Japanese Sapporo Singer Song Writer(札幌シンガーソングライター)
The ABEE(ジ・エイビー)です!

前回のブログ、みなさんはどう感じたでしょうか?

 

 

www.theabee-blog.com

 

ここ何回かでずっと話題に上げてる

「努力型の人」は「才能型の人」とどう向き合うべきか。

 

何度も同じ事を書いてしまいますが、

私は自分の立ち位置にあったやり方で、地道に
努力を重ねる人が好きです。
努力のやり方が合っていれば、自身の魅力を磨く事が出来るし
…才能をも越えるって信じてます。
努力によって、元から持っている魅力的なものを
磨く事が出来るって信じてます。
努力に勝るものはないと考えております。

 

でも世の中には、自身の努力すらいとも簡単に飛び越えてしまうような

才能型の人がいる。

 

この事実から目を背けずに、努力型の人(私もですが)はどのようなモチベーションでやりたい活動を行って行くべきなのか…

長くなるので、少しずつ少しずつ書いて行きたいと考えております。

 

f:id:the-abee:20170325233513p:plain

私、特別なものを持っている人の事を「才能ある人」と書いておりますが、

ここでは天才ってワードは使いません。

才能ある人と天才ってほぼ同じ意味だと思いますが…

「天才…?天から与えられた才能って何だ?」って考えてしまうので(笑)

 

前回もかなり生意気な事書いたかと思いますが(イラっとしてしまった方いらっしゃいましたらすみません)、

 

音楽活動を行っている努力型のあなたは、自身と同じフィールドで才能型のミュージシャンの魅力的なライブと音楽を体感したとします。そんな時、どうしますか?

 

1、その人に追いつこうとして、今と同じやり方でメッチャ頑張る。

→強がりを続けると、無理をして心も体も壊してしまいます。

2、その人と仲良くなりたくて接近する。

→その人はあなたを見ていないかもしれないし、馴れ馴れしく近づいたら

誤解されるかもしれません。

3、その人の才能にに強いコンプレックスを抱く

→ それは劣等感から嫉妬や妬みに変わり、あなたを歪ませます。

 

じゃあどうすれば良いのか?

努力型は才能型に勝てないから諦めろとでもいうのか?

 

…いえ、違います。

我々努力型は
才能型の人と無理に合わせようとせず、
努力型の我々は努力型に見合った立ち位置で、
努力のやり方・頑張り方を変えて行けば良いのではないのかなと考えております。

 

努力型の人は、努力のやり方や頑張り方を少しづつ変えて…
才能型とは一味違う、
努力に磨きをかけた努力型ならではの魅力を出すべきだと
考えております。

努力型の才能型に対する

「才能型コンプレックス」

 

www.theabee-blog.com

と向き合うには、

まず才能型の持っている才能を素直に認めたり・理解しなければいけない。

その事を自覚して努力型の人が抱えているコンプレックスを少しでも減らして行ければ良いな。

というのが、ここ何日間かで私がブログで書きたかった事のの一つです。

今回のブログで、この「才能型コンプレックス」の向き合い方に

一つ結論をつけたいです。

 

先程の1・2・3ですが…どれか一つ選んだ人に対して、

私ならこう答える。

 

1を選んでしまった人へ…

負けず嫌いなのは分かります。でも無理して強がるのはもうやめた方が良いのでは?

そもそも努力型と才能型に用意されているフィールドは根本的に違うと思います。

あなたが才能型の人をライバルとして見ていたとしても、そもそもあなたをライバル視していないかもしれない。自分がそう思い込んでるだけかもしれない。

追いつこうとしてなりふり構わず必死に追いつこうとしたら、

がむしゃらに(意味があるのか分からない)根性だけで頑張るような事をしてしまったら、いつかは肉体も精神も壊します。

考えただけで、それはスゴく悲しい事です。

 

2を選んでしまった人へ…

ただ純粋に、才能型の人と仲良くなりたいっていう心理を持っているのは

あなただけではないです。才能型に近づいて来る人は周りに沢山います。

才能型の人は、そもそもあなたの事を見ていないかもしれない。

振り向いてもらおうと必死になって接近したら、いつしか「あいつは媚びへつらってる」って思われるかもしれないですね。

あなたは無意識に、もしかしたら仲良くなりたいんじゃなくて「この人に近づけば、音楽的な繋がりが・交流が・人脈が…」なんて思い込んでいるかもしれません。

知らぬ間に卑しくなっていたら、それは悲しい事ですよね。

 

3を選んでしまった人へ…

才能型の人への「才能型コンプレックス」が更に助長されて、

嫉妬(ジェラシー)や妬みに変わってしまう。「どうせ私なんか…」と思い込んでしまい…いつしか不平不満を抱えながら生きたり、誰かを蹴落とすような事をしたり…自分の自信のなさから来る悲劇です。

そんな感じで歪んで行ってしまったら、悲しいですね。

 

 

上記の3択に関して

またもや辛らつな事を書きまくってしまいましたが、思う事が一つあります。

…努力型の方が選んでしまった3択とも共通しているのは、

才能型の人に対する思い込みなんですよね。

努力型の人の、激しい思い込みです。

なぜ才能型の人に対して「勝ち負け」の基準で物事をはかって勝負しようとするのでしょうか?

なぜ才能型の人に対して無理して接近するのでしょうか?

なぜ才能型の人を必要以上に憎むのでしょうか?

 

努力型の人と才能型の人は、

そもそもの持っているものが違うと思うんですよ。
能力・環境・与えられたフィールド等々…根本的に持っているものが違うんです。
そこを自覚しなければいけない。

きっと努力型の何割かは

能力・環境・与えられたフィールド等が才能型と一緒だ

と勘違いしているのかもしれない。

 

努力型と才能型は違うんです。
それとこれをごっちゃごちゃに、同じにしてはいけません。

 

努力型は努力型・才能型は才能型で、別々の存在なんです。

「それはそれ!これはこれ!」って分けて考えなきゃ

勘違いを起こします。

 

どんなに頑張っても、才能ある人は努力家のハードルをいとも簡単に飛び越えて行く。

どんなに仲良くなろうと思っても、才能ある人はあなたを見ていないかもしれないし、ましてや友達では無い。

どんなに過度にコンプレックスを感じてしまっても、才能ある人は次のステップへ進むし、不平不満を愚痴愚痴言っても意味がない。

 

努力型・才能型問わず、世の中の多くの人々は、必ず何かしらの思い込みを抱えている。

我々努力型は、その思い込み又は勘違いに発展してしまう傾向が更に強い。

だからキチンと理解しなきゃ。

 

努力型と才能型は、与えられたものが別々なんだ。
才能型には才能型の道があって、
努力型には努力型の道がある。
 
努力型は、その道を一緒にしてはいけない。
一緒だと思い込んではいけない。

 

努力型の人は、自身の努力のやり方や頑張り方を少しづつ変えて…
才能型とは一味違う、
努力に磨きをかけた努力型ならではの魅力を出すべきだと
考えております。

だから、

そうやって

「才能コンプレックス」と向き合って、
努力型の人はその「才能コンプレックス」を少しずつ減らして行って、
努力型の人として自身の魅力を磨く方法を探して行くべきだと考えております。

今回はここまで!

最後まで読んで下さって、ありがとうございました!

 

また次回!

それではっ!

 

#theabee 

 

 


スポンサードリンク