The ABEE(ジ・エイビー) -気がつけば、月間2万PV

札幌でシンガーソングライターとして、ソロで音楽活動を行っておりますThe ABEE(ジ・エイビー)のブログです。おかげさまで、月間10,000PVを突破致しました。普段自身の公式サイトでは語らない事などをこちらのブログにて書かせていただきます。


スポンサードリンク

俺が俺らしくあるため -The ABEE オリジナル楽曲「GIRL」

こんにちは!Japanese Sapporo Singer Song Writer(Japanese札幌シンガーソングライター)
The ABEE(ジ・エイビー)です!

 

さてさて…ライブ、ありがとうございました!

 

歌と演奏を聴いて下さった方々に感謝・感謝です。

やはり何時・何処でライブするにしても、しっかりとした緊張感を持って臨むと

その場でしっかりしたものを残せるんだなと、そう感じるライブでございました。

まずこの場を借りてお礼申し上げますと、

貴重なお時間を割いて観に来て下さったお客様、本当にありがとうございました!!

 

ライブ所感につきましては、自身のOfficial Web Site 内にある公式ブログで

書かせてせていただきますので、宜しくお願い致します!

 

 

さて前回のブログ、読んで下さってありがとうございました!!

 

www.theabee-blog.com

 

前回は書くことが沢山ございまして、書きたい事をたくさん書いたら

1万文字

になってたんですよね(汗)

人は書こうと思えば1万文字も書けるんだなって、少々驚いております。

長い長いブログでしたが、最後まで読んで下さってありがとうございました!

 

ブログにも書いておりましたが、

ソロをメインに音楽活動を始めてから約3年、

いまこうやって楽曲制作・ライブ活動・情報発信等の音楽活動がキチンと出来ているのは…
2017年の今、現在進行形で繋がっているかけがえのない、
信頼できる仲間がいるからであり、
2017年の今でも支えて下さるお客様がいるからなんですよね。

 

音楽仲間でも…もう会わなくなってしまったヤツもいれば、

交流を持たなくなってしまったヤツもいる。

それはごく自然な事であり、何もおかしい事ではないんですよね。

「そういうものなのだ」と自分の中で完結させておりますので。

 

そんな中でも2017年の今…現在進行形で繋がっている信頼できる仲間がいる。

私がメインで音楽活動しているソロでも、2017年の現在本当にお世話になっているかけがえのない仲間がいるから、私はまだまだ音楽活動を続ける事が出来るのだと感じている。その事に感謝。

 

そしてこれはキチンと書きたい。

音楽活動を行う事が出来ているのは、

2017年の今でも支えて下さるお客様がいるからなんだ
という事。この事に感謝。

ありがとうございます。

 

-

やっぱ音楽活動をするにしても何にしても、

人として軸がしっかりしていて
確固たる信念を持っている人がカッコいいと感じるんですよ。

私自身どうなのかと聞かれたら、それは分からない。

それは私が決める事ではなくて、

私以外の人々が決める事であると考えておりますので。

まぁ、願わくば…そういう人に、私もなりたい。

 

少なくとも私は、「自身が作った音楽を多くの人々に聴かせたい」

という確固たる軸は持っておりますので。

信念に関しては…そうですね、少なくとも

「自分の良い所を少しでも肯定する」事は出来ていると感じております。

その中で自分の中の信念といったものを少しずつですが構築しております。

少なくとも私はそうやって、一歩一歩ステップアップして成長・進化する事は少しずつですが出来ております。

 

この地は、この空間は広いようで実は狭い。

その狭い空間の中でも、少しずつ少しづつですが、自身で行動できるフィールドというものを広げて行って、自分なりのフィールドを作る事は出来ている。

多少なりともその自信はあります。

 

これは自信過剰でも自意識過剰でも何でもありません。

 

ただ単に「自身が自分なりにフィールドを広げる事が出来ているから」という実感があるから、だからその自信を持つ事が出来ているのです。

これが自信過剰になったら、ただの勘違い野郎です(笑)

 

だから、常に油断は出来ないです。

何処で道を間違えてしまうのか分からないという恐怖というものも隣り合わせですから。

「自分自身を見つめる」という行為がどれだけ難しいか…

多くの人がこの葛藤を抱えている。

でもこの気持ちと向き合う事が出来るのって、

2017年の今…現在進行形で繋がっている、信頼できる仲間がいるからなんですよね。

その仲間…音楽仲間と会話する事によって、日々新しい発見があったり

「自分は何をすれば良いか」というのに自然と気づかされるんですよね。

自分はソロをメインに音楽活動をしておりますが、

そういった点では自分一人では何も出来ないという事を改めて感じる事もございます。

 

支えて下さる方々がいらっしゃるから、今がある。

 

本当に、これに尽きます。

 

人はポジティブな面もあればネガティブな面もあります。

俺自身、こうやってズバズバ書いて堂々とポジティブに振る舞ってるかもしれませんが、「俺なんて…」というネガティブな面もございます。

ですが、「自分の良いところを一つでも肯定出来る」から、今こうやって

自信も堂々とポジティブでいられるのではないかなと考えております。

お世辞抜きに、仲間から「お前には音楽があるじゃないか!」と言ってくれる。

 

ゼロから(いや、下手したら)マイナスから始まった自身のソロ・音楽活動も、ここまで続けたらキチンと見て下さる方々がいる。

何もなかった俺がここまで前に進めたのも、自身の音楽を聴いて下さる方々…

お客様であったり仲間であったり、それはもう本当に感謝の気持ちしかないです。

 

私の音楽はまだまだ気づかれていないというのはわかっている。

今このブログを見ている方々に少しでも、自身がどのような音楽をやっているのかを少しでも良いから気づいて欲しい。

「知って欲しい」ではなくて「気づいて欲しい」なんですよね。

人には好き嫌いというものがあると思うので、私の作る音楽を「良い!」と言って下さる方々もいれば「良くない!」「ダメ!」という方々もいらっしゃるかと思います。人と人とが関わる社会なので、世の中のそんなに甘くないというのは自身でも理解しております。

だからこそ、今回もこの場をお借りして書かせて下さい。

 

<The ABEE Biography>

Japanese Sapporo Singer Song Writer (札幌シンガーソングライター)

The ABEE(ジ·エイビー)

…2014年からABEE(エイビー)という名前でソロ活動をメインに音楽活動を始める。

コンスタントに楽曲制作を行い、楽曲は全てオリジナル・毎月積極的にライブを行い、定期的に新曲を披露している。

 

私のライブでのフォーマットですが…

この当時からライブハウスさんでは、私The ABEE(ジ·エイビー)自身で演奏・録音したバンドサウンドをバックにギターボーカルを行い、ライブBarさんではアコースティック弾き語りで歌い・演奏します。

 

2015年からThe ABEE(ジ·エイビー)に改名。理由は"The"をつける事によってABEE(エイビー)という名前に固有名詞を持たせたかったため。

The ABEE(ジ·エイビー)に改名してから、更に音楽活動を進めて行く。

毎月ライブを行うのは勿論の事、全て自身で録音した完全自主制作のデモ音源CDをライブ会場の物販にて販売。

 

2015年中盤からはサポートギタリストさんを迎えて2人体制でのライブ活動にシフトしております。

 

2016年に入り、上記の2人体制でのライブ活動が定着。札幌を拠点にコンスタントに音楽活動を行っている。

 

その年に、ソロをメインに音楽活動を行っている大切な音楽仲間である女性シンガーさんが、私が作曲した曲に歌詞をつけていただき、彼女のソロ・オリジナル楽曲として歌っていただく事も増えました!そのオリジナル楽曲のオケ音源も私が一人で制作しております。彼女はそのオケ音源をバックに私が提供したオリジナル楽曲を綺麗な歌声で歌っていただいております。

現在、その女性シンガーさんに3曲ほど楽曲提供を行っておりまして、私自身も彼女のライブでサポートギタリストとしてライブに出演する機会もいただいております。

本当に感謝です。

f:id:the-abee:20170402194814p:plain

 

そんなThe ABEE(ジ·エイビー)の楽曲ですが、

一つ紹介したい楽曲が一曲ございます。

 

m.youtube.com

 

The ABEEオリジナル楽曲「GIRL (Words&Music…The ABEE)」 

Vocal.The ABEE

All instruments(Guitar.Bass.Drum.) …The ABEE

Arrange …The ABEE

All Mix/Mastering …The ABEE  

2014年からソロをメインに音楽活動を開始。

自身の楽曲・作品は完全自主制作。 作詞/作曲・編曲だけでなく ボーカル・ギター・ベース・ドラムの楽器演奏の録音・ ミックス/マスタリングもほぼ一人で行う。

自身のオリジナル楽曲「GIRL」は ボーカル・ギター・ベース・ドラムのみの構成で、 全て一人で楽曲を仕上げている。

 

何回かお伝えしているかと思いますが、

 

基本的にThe ABEEの楽曲というのは
・Vocal
・Guitar
・Bass
・Drum
の4点で成り立っております。
これをThe ABEEがほぼ全部一人でやっております。

 

ボーカルは家かスタジオで録り、
ギターとベースはほぼ宅録。
生ドラムに関しては…スタジオを借りて、
そこでお借りしたマイクとマイクスタンドを
(時間の問題もあるので)

自主的に4~5本(キック・スネアとハイハット・タム・シンバル・ライド辺りに)
立てて音を録ります。

良い感じに録れたら、次はベースラインかリズムギターを録る(どちらが先かは
制作する楽曲にもよります)。
両方録れたら、(必要であれば)ギターのリードパートを録る。

おかしな部分(リズムのズレや音のミス・フレーズの間違え等々)を
直せる範囲までキチンと直して行きます。

演奏楽器の修正が出来たら、最後はボーカル録り。

リズムや音程のズレがあればキチンと修正する。

 

それが出来たらミキシングで各トラックの音量と音域、Hz(ヘルツ)とdB(デシベル)を

可能な限り調整。

それが出来たらマスタリングで音圧・音量・音質等を可能な限り

調整して一つの作品に仕上げる。

 

こういった感じで、

私は今の自分で出来る範囲で・納得のいく形で楽曲を制作しております。

 

楽曲の完成度に関しては人それぞれさまざまな意見がございますが…
私はあくまでも、

自分から見ても、周りからみて「これが良い!」と感じるような
「納得が行くライン」

というものを考えながら楽曲を作り上げて行きます。
 
せっかく楽曲制作するのだから、私には完璧に作りたいという気持ちがございます。
しかし、完成度に拘り過ぎていては日が暮れてしまいます。
拘りを持つ事は良い事ですが、拘り過ぎていたら音楽活動が停滞してしまい、先に進めなくなります。
だからといって、妥協して制作するのは嫌なので、
そこは「完璧」と「妥協」の間にある中間地点を自分で探して、

自身が(そして自分以外の人々が)

「納得」のいく形で楽曲制作を行っております。

難しい話ですが、主観的に見て「良い」と感じるものと

客観的に見て「良い」と感じる者を見極めて

制作しております(その客観的を自分でどう見るかが難関ですが)。

 

紹介しました「GIRL」も含めて、他のオリジナル楽曲も同じようなカタチで

自主制作を行っております。

 

自身のオリジナル楽曲「GIRL」…

この楽曲は自身がソロで音楽活動を始めた2014年頃から存在する楽曲でございまして…本格的に活動を始めたのが2014年の3月ですので、その1~ヵ月後くらいだったと思う。「キラーチューン(耳に残るような・魅力的な楽曲)が作りたい!」と考えた時に、ふと頭の中でサビとなるメロディーが頭に浮かんだんですよね。

そこからAメロ・Bメロ・サビ・間奏をしっかりと構築していって、現在の「GIRL」という楽曲が完成しました。

なぜこの楽曲の曲名が「GIRL」なのかというと…

「この楽曲は…GIRLという名前がしっくり来る!よし!この楽曲の曲名はGIRLだ!

…という感じなんですよね

私の楽曲の曲名や歌詞の内容に関して解釈を求められたとしたら

「それは…聞き手の解釈に任せます!」と答えますね(笑)

私The ABEE(ジ·エイビー)のオリジナル楽曲というのは…歌詞や曲名は、作曲した楽曲の音やメロディーにフィットするような言葉を選んで作詞したり楽曲のタイトルを決めているんですよね。

私の音楽を聴いて下さる方々が自分なりに解釈して楽しんで欲しいです。

 

…ですので、歌詞の具体的な内容やストーリーというものは、The ABEEの音楽を耳にして下さる皆様が自分なりに解釈していただければ…と考えております!

少なくとも、自分から「この曲はこういう曲で、こういう内容の歌です」なんていちいち説明したりしませんから(笑)

自分から一方的に自身の楽曲の解釈を押し付けるのはあまり好ましくないと考えておりますので。

仮にあるとしたら、「この曲は真っ白な背景が頭に浮かんで…」とか「この楽曲は水の中にいるようなイメージで…」というような抽象的な事しか言えないです(笑)

 

…という感じで、The ABEEの自身のオリジナル楽曲は…

聴いて下さる方々が自分なりの「何か」を感じ取っていただければ嬉しいです♪

 

-

 

さて、こちらの個人ブログでは珍しく自身の楽曲の事に関して話しましたが…

いかがでしょうか?

Official Web SiteでもSNSでもTwitterでも、そんなに多くを語らない人間ですので、

「こいつは何者なんだ…?」って感じる方も多いでしょうし、「掴み所のないやつ」って誤解されてもおかしくはないので…

まぁ何が言いたいのかと言うと、

私も人なので、このブログを通じてキチンと自分らしさというものが見て下さる方々に伝われば良いなという気持ちでこのブログを書いております!!

 

自身はライブのMCでも長々と喋る方ではないですし、

喋るとしたら、かなり早口でまくし立てるような形でパパっと済ませちゃう人なので(苦笑) 別にMCを蔑ろにしている訳ではございませんので、そこはご理解の程お願い致します。

一つ言うなら…言葉で説明するよりも自身の音楽で鳴らす音や歌で伝える事を優先しちゃうタイプなので。

…でもそれだけじゃだめなんです。

日本語喋れるなら、こういった場所で喋れるだけキチンとしゃべらなきゃなと考えているので。

 

いきなり話変わりますが…

私は恐らく、普通の観点で見たら…(色々な音楽ジャンルが好きというのもあるので)結構あちこち動いてるかもです。

音楽的な視点で話したら…一人の人間としてライブハウスやライブBarにお客として観に行く事もありますし、クラブミュージックも好きなので、クラブの場所(よく「ハコ」と呼ばれておりますが)に行く事に関しても特に抵抗はないです。

まぁあくまでも…私の地元には、他の都府県と比べたらライブを見る文化というのが少ないので、

道外の人からしてみたら…今私が話した事は、結構あちこち動くの内に入らないかなと思います(苦笑) あくまでも私は地元の中ではまだ(多少の思い込みも含みつつ)あちこち動いてる人間かもしれないというだけですので、

外から見たら私は行動範囲が狭い人間かもしれないですし。

だからそれは自慢にもならないですし、仮に僕がそれを自慢しているのであれば…ただ思い上がった・自分がでかくなった気でいるだけのダサい人です。

 

世界は広いですが…悲しい事に、自分の住んでいる世界は狭い。

自分のいる世界というのは自分が思っているよりも狭い。

この現実は周りも私も、多くの人々が自覚して向き合わなければいけない事かなと考えております。

少なくとも、私自身は色々活動して行く上で「ズレた感覚」を持たないように、自分がおかしくならないように気をつけなければなと考えております!

常に自分がどうあるべきか…それを考えながら気をつけて日々を過ごしたいと考えております。

 

今回はそんなに長くなかったかとは思いますが、

最後まで読んで下さってありがとうございました!!

 

次回をお楽しみに!

それではっ!

 

#theabee 


スポンサードリンク