The ABEE(ジ・エイビー) -Thank you for Monthly 30,000PV!!

札幌でシンガーソングライターとして、ソロで音楽活動を行っておりますThe ABEE(ジ・エイビー)のブログです。おかげさまで、月間30,000PVを突破致しました。普段自身の公式サイトでは語らない事などをこちらのブログにて書かせていただきます。

私が今月1,000PVを達成した要因…書きたいテーマを絞る!

ブログを新たに購読して下さった方々、ブックマークして下さった方々…
本当にありがとうございます!
今後とも、宜しくお願い致します! 

 

こんにちは!音楽活動を行っております、

Japanese札幌シンガーソングライターの

The ABEE(ジ·エイビー)です!

 

さてさて…前回の記事、反響が大変大きかったようで

www.theabee-blog.com

新しくこのブログの読者になって下さった方々が一気に増え、

購読者が10人以上になりました!!ありがとうございます!

何人かの方々にもこちらの記事をブックマークしていただきまして、

本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

読者の方々や、偶然コチラの記事を見て下さった方々から

沢山の星マーク(SNSでいうところの「いいね!」みたいなもの)もいただきまして、

驚きと同時に嬉しいです!

 

本日もアクセス数が緩やかに伸びております!

f:id:the-abee:20170421195655p:plain

 

いつもたくさんの方々に見ていただきまして、感謝です!

 

 

自身は音楽活動を行っている者ですが、

こうやってネットを通じて自身が伝えたい情報発信をブログを通じて行っております。

今週に入ってから多くの方々に見ていただきまして、

こんなにたくさんの方々にブログを見ていただけるなんて…

感謝の気持ちでいっぱいです!

本当にありがとうございます!!

さて、今回は…

先程貼りました、前回の記事の続きになるのですが

なぜ私がブログを始めて一か月ちょっとで、

今月でPV(ページビュー)が1,000PVを突破したのか

を出来るだけ確証のある事実や根拠をもってこちらに書いて行きます。

第2弾になります♪

 

なぜ私が合計1,000PVを達成する事が出来たのか…

根拠その1として

私はほぼ毎日コチラのブログの記事を更新してなおかつ

中身のある、意味も文字量も充実している記事をキチンと書いている

からブログをたくさん見ていただける事が出来ているんですよね。

 

少なくとも、我々一般人がブログを書く場合は、

ネット上に自分の事を知っている人が少ないという事を自覚して、

それを前提としながら…

自身がどのような人物なのかを・
書ける範囲内でキチンと書いたうえで、
テーマにしたい内容をボリュームのある文字量で
具体的にキチンと書いて
ネットユーザーの方々に見ていただく
というのが大事である

と書きました。

ブログのフォーマットは様々ですが…ブログを書く多くの方々は

画像や動画をたくさん貼って「今日は楽しかったー!」

的な文章を軽く書いて1,000字未満で終わらせてしまうかもしれませんが、

そのような感じのブログでしたら「あ、そうなんだ。ふーん…。」

くらいにしか見ていただけないと思います。

 

仮にテーマが楽器の事であったり、美味しい食べ物があるお店の

事だったとしても…

画像をたくさん貼って

1,000字にも満たない文章量で終わってしまったら

その記事自体にスゴく物足りなさを感じてしまうのが正直な感想なんですよね。

そういったブログって…

「お、これは面白そうな記事だな!楽しみだな…

… …え、もう終わり!? 短っ!まだ書く事いっぱいあるじゃん!(笑)」

 

ってなってしまい、物足りなさを感じてしまうと同時に

残念な気持ちになってしまいます。

 

せっかくブログというものを利用しているんだから…
自身の事も含めて、書きたいテーマを書けるだけ書こうぜ。

と私は考えてしまいます。

 

画像や動画をたくさん貼るよりも

先ずはブログの文章と見出しを書ける範囲内でたくさん書いて、

テキスト・見出しのコンテンツをキチンと充実させましょう。

文章の見出しは、

自身がブログで書きたいテーマを主張するために
キチンと分かるように見出しを書き、

ブログのテキストとなる文章は、

自身がブログでテーマにしたい内容をネットユーザーの方々に
伝わるように具体的にキチンと書く

事が先ずはブログを見ていただけるための

第一歩なのではないのかなと考えております。

 

テーマにしたい記事を書く時、

画像や動画のコンテンツはほんの数か所貼れば問題ないですし、

それよりも先ずは(特に私も含めブログを始めた方々は)1,000字未満で終わらせないで、

出来れば2000字以上の文章を書いて、
中身のある・ボリュームのある記事にして下さい。

忙しくても、2000字程度で相手に伝わるように書くことが出来れば

それで問題ないですし、

時間に多少の余裕があるのであれば、

3000字~5000字の文章量で書くべきだと感じております。

少なくとも、ブログを書いている我々は

ネットユーザーにとって「見て良かった!」

と感じるような有益な記事を書くべきであると考えております。

 

このように、キチンと内部的に充実した意味のある記事を

ほぼ毎日更新して行けば…

ブログを見て下さる方々は徐々に増え、

多くの方々にブログを見ていただけるかもしれませんし、

徐々にアクセス数の増加に繋がるのではないのでしょうか。

 

…というのが前回のおさらいでした!

今回は、先程書いた

キチンとした内容で、意味も文字量も充実してボリュームのある記事を書く

という事に加えて、

このブログを誰に見てもらうのか?

という所もキチンと考えなければいけません。

もっというと、

このブログを見て下さるネットユーザーの方々の

ターゲットを絞る

…または

語弊があったら申し訳ですが、

自身のブログの客層を把握する

事が大事なのではないかなと考えております!

 

「検索に引っかかるキーワードをたくさん入れたら良いんじゃね?」

って考える方もいらっしゃるかとは思いますが…

そういう事じゃないんです。

自身がテーマにしたい・伝えたい事をブログで読んでもらうために、

いわゆる検索に引っかかるような「キーワード」を入れるとか、

キーワードタグにキーワードをたくさん盛り込むという事を

やった事がある方はいらっしゃるかと思うのですが、

 

別に間違いではありません。ただ、私が言いたい事はそういう事ではないんです。

むしろ、10個も20個もブログ内に過剰なキーワードの盛り込みは

逆効果だと考えております(ホームページやウェブサイトも同様に逆効果です)。

 

自身が発信したいブログの記事の内容のテーマが一貫しているか…

問題はそこなんです。

 

例えば、

楽器の事をテーマに記事を書く方々や

美味しい食べ物のお店をテーマに記事を書く方々がいらっしゃるかと

思いますが、

その場合…

楽器の事を書くなら、その楽器演奏者に向けてテーマを一貫してキチンと書けているか?

美味しい食べ物のお店の事を書くなら、グルメ好きの方々に向けてテーマを一貫してキチンと書けているか?

に焦点が絞られます。

 

これがもし

楽器の事をテーマにした記事なのに、話の途中でいきなり今日食べたお菓子の事を長々と書いていたり…

美味しい食べ物のお店の事をテーマにした記事なのに、話の途中でいきなり今日観た映画の事を長々と書いていたり…

ってなったらどうですかね?

 

楽器をテーマにした記事なら、楽器の事をテーマにした記事を期待して読んでいる人はがっかりするだろうし…

美味しい食べ物のお店をテーマに書く記事なら、そういったグルメをテーマにした記事を楽しみに読んでいた人は途中でブラウザの戻るボタンを押してしまうでしょうね。

 

自身がテーマにしたい事をブログの記事にして書きたいのであれば、

記事ごとに出来るだけテーマを一つに絞りましょう。

関連するワードが2~3個あっても多少は構わないのですが、

出来るだけテーマを一つに絞る事を意識して、

軸がぶれないようにして記事を書きましょう。

 

私The ABEE(ジ・エイビー)はどうしているのかというと…、

私は記事ごとに、テーマにしたいワードを別々に分けてます。

私がコチラのブログで記事を書くなら、3つのパターンに分けて絞っております。

前回も書きましたが、

・自身の音楽活動における情報を発信。

・ネットを利用するうえでHP・ブログ・SNS等の利用の心構えを自分なりに発信。

・私たちが何かを活動するにあたって、どのようにして自分なりに目標を果たすのか。

の3つに絞っております。

書く時はこの三つをごっちゃにせずに、

どれか一つに、テーマを1個に絞って書いております。

この事が今週のアクセス増加に繋がったし、

1,000PVを達成した要因になったのかもしれません。

 

続きは次回書きます!

 

今回もブログを見て下さって、本当にありがとうございます!

 

次回お楽しみに!

 

それではっ!

 

#theabee