The ABEE(ジ・エイビー) -Thank you for Monthly 30,000PV!!

札幌でシンガーソングライターとして、ソロで音楽活動を行っておりますThe ABEE(ジ・エイビー)のブログです。おかげさまで、月間30,000PVを突破致しました。普段自身の公式サイトでは語らない事などをこちらのブログにて書かせていただきます。

ネット・発信と活動におけるコスト② -100記事突破記念…過去記事紹介その3

こんにちは!

Japanese Sapporo Singer Song Writer

The ABEE (ジ・エイビー)です!

 

前回の記事、目を通していただきましてありがとうございました!

www.theabee-blog.com

 

現在

100記事突破記念!

自身の過去記事を(一から順に、時系列を追って行く感じで)

時期毎に紹介!

というテーマで連続シリーズとして行っておりまして、

前回の記事では

・ネット上での、ウェブやSNSに関する事

・ネットでの情報発信におけるコスト

・自身が行いたい活動を行ううえでの、活動にかけるコスト

 

をテーマにした過去記事を紹介させていただきました。

 

上記をテーマにした過去記事の量が少し多めなので…

ネット・発信と活動におけるコスト

をテーマにした記事を2回に分けてお送りしております。

今回はその後半という事で、続きを書かせていただきます。

 

・100記事を突破したので、自身が過去に書いたブログ記事を時期毎に分けて紹介!…その3

f:id:the-abee:20170713132411j:plain

・活動を行うにあたっての、自身の立ち位置を把握する事

www.theabee-blog.com

自身が行いたい活動(私の場合、それは音楽活動にあたりますが)

を行うには、必ず費用(コスト)がかかるという事考えながら行動します。

我々はその活動に見合った費用(コスト)を出して

自身のやりたい活動を行っている。

 

そしてそれに見合った投資を行ってこそ、

僕らは自分自身で得られる価値を

自分なりにキチンと作り出しているんだなと考えます。

 

しかしそれを行うにあたって、

自身の状況を把握する・

自分が今どんな立ち位置にいるのかを把握する

という事が大事である

という事を自身の音楽活動と絡めながら書いております。

 

・自身の音楽活動における考え

www.theabee-blog.com

コチラの記事では、「コスト」のテーマから進んで、

自身の音楽活動に関して…

特にライブ活動に関して個人的な考えを書いております。 

ライブに出演する・ステージに上がる人々は、

「ライブに出演する者として、ステージに上がる者として全力で良いパフォーマンスを行うべき」

という事をたくさん書いておりまして…

その理由と、結果的にどういったライブを行いたいのか

という事も書いております。

 

・情報にかけるコスト・自身にかけるコストとは

www.theabee-blog.com

コチラの記事に関しては…

テーマを「情報にかけるコスト」に戻しておりますが、

音楽活動等の情報発信をする際にお金をかけるかどうか

に関して改めて書いております。

情報発信にかけるコストに関しては「人それぞれ」

と記事のタイトルに書いておりますが…

結局のところ

「情報を発信する者がいかに魅力的な情報を伝える事が出来るか」

という結論に落ち着いております。

自身が利用しているネットコンテンツに関して…

情報を発信するその人自身が、

コンテンツを見る人にとって

「いかに魅力的な情報を発信しているか」という事が結果的に

「自身の立ち位置」を把握する事に役立つし、

自分なりに「情報発信や行いたい活動にかけるコスト」を決めていく要因になる

という事を書いております。

 

今回の記事に関してはここまでにしたいのですが…

次回からは、少し辛らつな話題になってしまいます。

・結局、魅力的なものを発信する力というのは才能なのか…?

www.theabee-blog.com

私自身は、常に考えながら努力を重ねる人々の方がスゴく魅力的だと感じております。

しかし、どんなあらゆる分野でも

努力では越える事の出来ない"才能"というものがございます。

世の中には

「ナチュラルに才能を発揮する才能型」と

「適切な努力をして努力している努力型」

の人々がいて、

私達はほとんどが努力型の人で(きっと世の中の8割は努力型タイプです)、

しかしながらその努力家が努力した事をナチュラルに越えてしまう「才能」を持った人が世の中にはいるというのも事実です。

 

自分が越える事の出来ない"壁"をナチュラルに越えてしまう「才能」というものが世の中にはある。

その才能という要素や、特別なものを持っている人に対して、一度はコンプレックスや劣等感のようなものを抱く(これはきっと誰しもが経験しているかもしれないですが…)

私はそういったものを上記の記事で「才能コンプレックス」と勝手に命名しておりますが…

次回の過去記事紹介では、

・自分で行った努力や、特別な「才能」ある人とどう向き合うのか
・努力型の人々は、自分には持っていない「才能」というコンプレックスとどう向き合うのか

という事をテーマに書いた自身の過去記事を紹介して行きたいと考えております。

 

この記事を書いていた当時…自分でもこのテーマに一定の結論をつける事が出来ずに、中途半端に投げ出してしまった記憶がございます。

…ですので、

次回はその過去記事を紹介して行くと同時に、

その「努力」と「才能」をテーマにしていた時期の記事に

一定の結論をつけたいと考えております。

曖昧にしてしまっていた過去のテーマにケリをつけたいと考えておりますので、

次回も宜しくお願い致します!

それでは。

 

#theabee