The ABEE(ジ・エイビー) -気がつけば、月間2万PV

札幌でシンガーソングライターとして、ソロで音楽活動を行っておりますThe ABEE(ジ・エイビー)のブログです。おかげさまで、月間20,000PVを突破致しました。普段自身の公式サイトでは語らない事などをこちらのブログにて書かせていただきます。


スポンサードリンク

The ABEEがネット上で発信するコンテンツ -オリジナル楽曲からカヴァー曲まで、幅広く。

こんにちは!

Japanese Sapporo SingerSongWriterの

The ABEE(ジ·エイビー)です!

 

前回の記事、読んでいただきましてありがとうございました!

www.theabee-blog.com

自身の過去記事紹介と、改めて自身の音楽活動のBiographyにつきまして書かせていただきました!

さてさて、日付変わって8月になりましたが…個人的に優先したい動きというものがございましたので、昨日7/31のブログは記事を更新しておりませんでした。

こればかりは日々の優先したいスケジュールもございますので、ご了承下さいませ。

結果的に、ブログ継続日数は以下の様になりました!

f:id:the-abee:20170801034908p:plain

ブログ継続日数は40日…!

継続日数1ヶ月突破の記事も書いておりますが、まぁ記録(?)的には結果的にここまでという事で!(^O^)

上記のような継続日数の事を何度か書いておりますが、

一方で「一ヶ月・二か月連続で記事を更新したからといって…別に何か偉いかと聞かれたらそうじゃないんだよなぁ~…」という事も書いたりしております。

まぁ、結果的に「自身が優先して行いたいスケジュール」というものがあれば、

その日はブログは書かないし、無理して更新しなくても良い!

…って事なんだと思います。

 

…さてみなさん…特にブログ運営されている方々(?)につきましては、

月が切り替わったので「先月のPV報告!」とか「収益報告!」とかをテーマに書き出す方々がたくさんいらっしゃるかと思います。

私は「今月どのくらい多くの方々に記事を多くご覧いただけたか」という事をキチンとお知らせするためにPV(ページビュー)のご報告なら行っておりますが、

今日は書きません。

明日書きます。

月初めにPV報告する記事を書くのを恒例行事にするのも何か嫌だなーと思ったので、

PVの事に関しては、この次の記事で書かせていただきます。

…まぁ予告程度に、チラッとだけお見せ致します↓

f:id:the-abee:20170801041304p:plain

気になる方は、次回のブログ記事をお楽しみに!(笑)

 

私がネット上で使っているコンテンツ。

…では、今回の記事につきまして書かせていただきます。

The ABEEがネット上で現在利用しているコンテンツはご存知でしょうか…?

音楽活動をメインに行っている中で楽曲制作を行い、ライブ活動を行って物販にて完全自主制作のデモ音源CDを販売…というカタチで行っております

…がしかし、それだけでは足りません。

楽曲制作とライブ活動だけじゃ自身の作った音楽や作品を発信する事が出来ないので…楽曲制作は楽曲を作るだけじゃなくて、楽曲を聴いていただくための媒体が必要なのです。例を挙げるとCDや音源のデータがそれにあたります。それらは、特にCDという媒体に関しては…ライブ会場の物販にて販売するか又はCD店・楽器店などに置かせていただく等々ございますし、ネット販売にて流通手段を作る…などなどございます。

私に関しては、需要と供給を判断したうえでの自分なりのCD販売は行っております。

 

今このようにして「CD売ってるのでよろしく!」という事を書いても、そんな簡単に自身の楽曲が入ったCDをお手に取っていただけるというのは難しいのです(汗)

やはり場所や地域によっては「お!何だかおもしろそう!」と感じてCDをお手に取って下さる方々がいる一方で「へぇ、そうなんだ。いや別に。」と感じてCDをお手に取らない方々もいらっしゃるのが現実なのです。

楽曲を聴いて下さる方々のニーズに合っているかどうか…ってのもあります。

ですので、自身のCDやオリジナル楽曲の音源をお手にとっていただく前に、
自身の音楽に気づいていただく=認識していただくための方法が必要なのです。

 

いまこのようにして私は個人ブログで自身のアウトプットしたい事を発信しているのですが、メインである音楽活動に関しては、楽曲制作・ライブ活動以外でも

インターネットを利用して情報発信をする

という事も行っております。

それは自身が持っているウェブサイトで発信するだけじゃなくて、

動画共有サービスだったり音声ファイル共有サービスのコンテンツを利用して

自身の作る音楽が少しでもユーザーの耳に伝われば…という気持ちで

自身の作る音楽を情報発信しております!

 

今回は、自身の音楽やサウンド・歌声に少しでも触れていただくための手段として

自身が利用しているコンテンツに関して書いて行きたいと考えております!

① YouTube

いわゆる動画サイトでございますが、

現在自身のYouTubeチャンネル「The ABEE」にて

約30本の動画を公開しております。

YouTubeでは、自身のオリジナル楽曲が中心となっております。

www.youtube.com

いつどこでも、気軽に動画を見る事が出来るのはYouTubeの良いところですね♪

 

自身のYouTubeチャンネルでは

ライブ映像の動画が多いですが(コチラは再生数1,000回を超えております↓)、

www.youtube.com

 

一方で、The ABEEのオリジナル楽曲のスタジオ音源も一部公開しております。

・GIRL -2017 Mix- Short Trailer

www.youtube.com

・ENTRANCE -2017 Mix- Short Trailer

www.youtube.com

・LATIR(ラティール) -2017 Mix- Short Trailer

www.youtube.com

 

最新の動画は、コチラになります!↓

とりあえずこのライブ映像を見てぶっ飛んでください!

www.youtube.com

 

② SoundCloud

コチラは音声共有ファイルのサイトであるSoundCloud(サウンドクラウド)です

(最近、サウンドクラウドのコンテンツ自体がシビアな状況になってるとの事ですが…そこはまたどこかの機会で書ければと考えております)。

自身は今年からコチラのコンテンツを利用します。

ユーザー登録しなくても気軽に音楽が聴けて、尚且つまだ知られていない音楽を見つける事が出来るのがSoundCloud(サンクラ)の良い所でございます。

コチラも自身のオリジナル楽曲が中心です(一部ジャムセッションの音源も有り)。

 

自身のSoundCloud「The ABEE(ジ・エイビー)」では、

自身のオリジナル楽曲のリミックスや(自身で楽曲のRemixを手掛ける)

 

 自身のオリジナル楽曲の原曲スタジオ音源も一部公開しております。

 

ライブ音源もSoundCloudにて公開しております(最新の音源です↓)!

 

以上のようにして、

Japanese Sapporo SingerSongWriter

The ABEE(ジ・エイビー)はインターネット上にて自身の音楽を発信しております!

お時間ございましたら、ぜひ一度ご覧下さいませ!

宜しくお願い致します!

・番外編

…え、「オリジナル曲とか興味ないからどうでもいい」って…?

そのご意見もごもっともでございます。

有名な方々の楽曲や既存のヒット曲・自分の好きなアニソンを聴く方が好きだし、その方が良いというのは大半の音楽リスナーさんが考える事かもしれません。

 

…「自分が知っている曲なら聴くよ」

「既存の曲のカヴァーなら聴く!」という方々のためにも、

気軽にCover(カヴァー)曲を聴けるコンテンツも利用しております。

nana(ナナ)

nana-music.com

nanaというのはスマホアプリでございまして、

このアプリの録音機能を使って歌ったもの・演奏したものをアプリ内で公開する事が出来るというものなのです。

自身で歌ったもの(アカペラや弾き語りでも有り)を録音して公開するのもアリですし、楽器演奏のみを録音したものでもアリなのです。

コチラのコンテンツではいわゆるカヴァー曲の投稿・公開が多いです。

nanaの面白さというのは、

nanaユーザーが楽器演奏したもの・歌ったものと一緒にコラボする事が出来る

ところなのです。

例えば自分が好きな、既存の有名な楽曲を歌う・演奏する…

というカタチでカヴァーしてみたいという場合…

今回は「nanaで自分が好きな歌をカヴァーしたい」という事を例に挙げてみましょう。

 

自分が好きな楽曲をnanaで検索する

→好きな楽曲をカヴァーした伴奏(伴走者のバンド演奏・DTMによる打ち込みのカヴァー等)が上がっている

→その伴奏をバックに自分の歌を録音する

→伴奏者さんとのコラボというカタチで、好きな楽曲をカヴァーして投稿・公開する事が出来る

…というのがnanaの魅力です。

 

他にも例を挙げると、nanaユーザーさんが「好きな楽曲のギターを演奏したいから、同じように楽曲を演奏しているベースさんとドラムさんのコラボをバックに音を重ねたい!」と考えている場合、その楽曲の伴奏を探してギターの音を入れてみる

…という事を行い、バンド演奏での伴奏カヴァーが実現する事も可能です。

一方で別のnanaユーザーさんが「好きな楽曲の伴奏をバックに歌ってみたい!」と考えていて、コラボ・カヴァーしたい楽曲を探す

→伴奏者さんの楽曲演奏(または打ち込み)の伴奏をバックに歌を録音して、

既存の楽曲をコラボ・カヴァーする

…という事を行ってnanaのアプリで公開する事も可能

なのです!

nanaで既存の楽曲をカヴァーする場合は

基本的には既存の楽曲の音源は使わずに、

伴奏者の手で演奏されたもの、又はオケ音源ならDTMで伴奏者自身で打ち込んで再現したものを使うというのが原則で、カヴァーする人の手で演奏された(或いは打ち込まれた)伴奏をバックに自身の声で歌い・コラボするというカタチでカヴァーします。

 

私の場合は自身のオリジナル楽曲を何曲か弾き語りver.で録音・公開しておりますが、

nanaの「伴奏者さんとのコラボ」という面白い点を活かして、

「既存の楽曲で、自身がカヴァーして歌いたいものを伴奏者さんの演奏をバックにコラボ・カヴァーする」

という事をたくさん行っておりますので、

nanaでは既存の有名なアーティストさん・バンドさんの楽曲カヴァーを

nanaユーザーの伴奏者さんの演奏とのコラボで歌い・カヴァーしているものが多いです。

他にも、自身がギターやベースの伴奏者になり、

ボーカルさんの歌をバックに既存の楽曲を演奏・コラボ

…というカタチでカヴァーする事もございます。

 

上記のリンク先に、自身のnanaのアカウントを載せておりますので、

「オリジナル楽曲よりもカヴァー曲を聴きたい!」という方は、是非お聴き下さいませ!(^O^)

nanaはユーザー登録しなくても聴く事が可能ですので、

お時間ございましたら是非!

 

今回の記事につきましては、以上です!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!

 

今回は私The ABEE(ジ・エイビー)がネット上で使っております

コンテンツをお伝えするというカタチで記事を書かせていただきました。

 

オリジナル楽曲をネット上で発信する一方で、

nanaのようなアプリで既存曲のカヴァー・コラボで自身の歌声を少しでも知っていただくための動きも行っております。

 

今回ご紹介したコンテンツ、

お時間ございましたら是非ご覧下さいませ!

 

…さて、次回も宜しくお願い致します!

それではっ!

 

#theabee


スポンサードリンク