The ABEE(ジ・エイビー) -気がつけば、月間2万PV

札幌でシンガーソングライターとして、ソロで音楽活動を行っておりますThe ABEE(ジ・エイビー)のブログです。おかげさまで、月間20,000PVを突破致しました。普段自身の公式サイトでは語らない事などをこちらのブログにて書かせていただきます。


スポンサードリンク

音楽を「体感する」という事。

 

こんにちは!
Japanese Sapporo Singer Song Writer
The ABEE(ジ·エイビー)です!

前回の記事、読んでいただきましてありがとうございました!

www.theabee-blog.com

 

昨日Twitterのライブ放送機能にて、生中継する事が出来ました!!

上記のツイートのリンク先にて、その中継部分を一部視聴する事が出来ます!

6日のライブは、アコースティック弾き語りのフォーマットで

2人体制でライブを行っております!

お時間ございましたら、是非ぜひご覧下さいませ!

宜しくお願い致します!

 

f:id:the-abee:20170807190530j:plain

 

怒涛の2日連続のライブでしたが…

サポートGt.さんにはいつも本当に感謝ですし、

私の出演するライブを見に来ていただき、ライブ写真を撮って下さるお客様には本当にありがとうの気持ちでいっぱいなのです。

f:id:the-abee:20170807195116j:plain

音楽というのは…

一言で表すのは難しいのですが、

音を・サウンドを「体感する」

という楽しさがあるから「音楽」というものは素敵なものなんだなと感じる事があります。楽しさだけでなく…切なさとか、そういったセンチメンタルな部分のサウンドを体感して楽しむという事も音楽を「体感する」するという事なのではないのかなと考えております。

 

ライブというものは、目の前のステージで生で観て・聴いて、体感するものであると考えております。楽しさもあれば、温かさや切なさを感じるサウンドを自分なりに体感して楽しむものであると考えております。

 

音楽を作り・音楽活動する私自身の個人的な考えなのですが…

世の中全体の割合というものを考えたら…音楽を作らない人の方が多いですし、音楽活動をしなくても

音楽を聴いて楽しむ人々の割合の方が圧倒的に多いのです。

ですので

音楽活動をする者は…

音楽を聴く「音楽リスナー」と呼ばれる人々の考え方や
音楽を聴く側の人々のサウンドの体感の仕方というのをキチンと考えなければいけない。

と考えます。

世の中の多くの人々がライブにこだわらなくても

家のオーディオにCDを入れて音楽を聴いて楽しむ・ウォークマンやiPodに聴きたい音楽を取り込んで、聴きたい楽曲を

聴いて楽しんで音楽を「体感する」事も音楽の楽しみ方の一つなのです。

もちろん私だって

根っこを辿れば、始めはCDをオーディオに入れて音楽を聴いて楽しむ人ですし

聴きたい楽曲をウォークマンに入れて選んだ音楽を楽しむ人なのであります。

楽曲制作やライブ活動を積極的に行っている人々だって、

誰もが最初は音楽リスナーです(当然、私もその内の一人ですから)。

 

f:id:the-abee:20170807225658j:plain

私の場合…CD音源があって、自身の楽曲も形にしております。

ライブでは「自身が作った音楽を多くの人々に聴かせたい」とい気持ちは勿論なのですが、原曲やCD音源にはない「別の表現」「CD音源にはない表現をライブで奏でたい」という気持ちもあります。

一つ言えるのは、

「もしもThe ABEEの作る音楽を良いと感じてくれるなら・楽曲を好きと感じていただけるのであれば…、

ライブではCD音源とはまた違う表現で、The ABEEのサウンドをお届けしたい」

という事なのです。

The ABEEのサウンドを聴きたいかどうか・ライブで体感してみたいかどうかは、

それはリスナーの方々次第だと考えておりますので、自身の考えを押し付けるつもりはないです。

 5日の同期バンドサウンドのフォーマットもあれば、6日のようにアコースティックのフォーマットもございますので、今後も宜しければ是非。

今後とも、宜しくお願い致します。

それではっ。

 #theabee 


スポンサードリンク