The ABEE(ジ・エイビー) -Thank you for Monthly 30,000PV!!

札幌でシンガーソングライターとして、ソロで音楽活動を行っておりますThe ABEE(ジ・エイビー)のブログです。おかげさまで、月間30,000PVを突破致しました。普段自身の公式サイトでは語らない事などをこちらのブログにて書かせていただきます。


スポンサードリンク

HOTLINEの動画の再生回数が500回を突破しましたので、お知らせ致します。

ブックマークして下さった方々、ありがとうございます!
今後とも、宜しくお願い致します!
こんにちは!
Japanese Sapporo シンガーソングライター
The ABEE(ジ・エイビー)です!

前回の記事、読んでいただきまして本当にありがとうございます!

www.theabee-blog.com

イギリスの80年代以降を代表するニューウェーヴ バンド

The Cure(ザ・キュアー)に関してガッツリ書かせていただきました!

New Weveであると同時にゴシック・ロックを代表するバンドの1つであり、

80~90年代のオルタナ系のバンドも直接・間接問わず何かしらキュアーの影響はあるかなと感じております。

ジャンルやフィールドは違いますが、

意外なところだとインダストリアル/オルタナティブ メタル系のロックミュージシャンMarilyn Manson(マリリン・マンソン)氏がThe Cureの影響を公言しているとの事

(出典→マリリン・マンソン - Wikipedia)

www.youtube.com

彼がメインとしているバンドサウンドはThe Cureとは全然違いますが、

濃いメイクや(色んな意味で)アーティスティックなスタンスで音楽をやっているという点ではキュアーの影響は何かしらあると感じております。

マンソンのゴシックを感じるメイクって、もしかしたらThe Cureのロバート・スミスの影響が大きいかもですね(^_^)

 

邦楽のロックバンドなら、前回はPlastic Treeを挙げましたが、

L'Arc~en~Cielさんも、メンバーの何人かはキュアーの影響を受けているとの事です(彼らの楽曲を聴いてて「お、やはりか…!」と感じる事は度々ありました)。

サウンド面やルックスの面でもThe Cureはかなりの影響力があったなと感じております。

ご注意願いたいのは…キュアーから影響を受けた日本のロックバンドはいわゆる「ヴィジュアル系」と呼ばれるバンドさんに多くみられますが、

キュアーの影響を受けたバンド=ヴィジュアル系…という訳では必ずしもないので、

その点は誤解ないようにお願い致しますm(_ _)m

キュアーの音楽が好きでも、「サウンド面から影響を受けた」「サウンド面とヴィジュアル面、両方から影響を受けた」という感じで、バンドさんによってとらえ方は様々ですから…そこは冷静に見なきゃですね(汗)

 

…という感じで、前回の記事を補足するとこんな感じになります!(^O^)

 

 

ここから、今回の記事になります!↓ 

HOTLINE動画 再生回数500回突破のお知らせ!

今回は、8/5に自身が出演したライブ映像の動画が多くの方々に見ていただけた事に関してお知らせしたいと考えております!

 

HOTLINE2017 予選動画

先週ライブ映像の動画が公開されまして、 

YouTubeにて動画が公開されてから一週間ほどが経ちましたが…

もう既に動画の再生回数が500回を超えていて、非常に驚いております…!

f:id:the-abee:20170818110313p:plain

 

…ん!?

もう600回を越えそうな勢いじゃないですか…!

 

…何というか、驚いております。

こういった楽器店さんのコンテストイベントに出演・出場するという事は、

何かしらの機会で、多くのお客さんやネットユーザーの方々に自身の音楽を聴いていただける機会があるから

という気持ちで今年もHOTLINE(ホットライン)に出場させていただきました。

今年のライブ映像の動画はそれなりに宣伝しているのですが…

少なくとも、昨年よりはうるさい位に「ぜひぜひ見て下さい!」みたいな宣伝はしてはいないはず(汗)

 

The ABEEを応援して下さる方々に動画を見ていただけて感謝ですし、

まだThe ABEEの音楽を聴いた事がない方で

上記の動画をたくさん見ていただけているという感じであれば、たいへん嬉しいです。高評価も7つほどいただいていて、本当に嬉しいです…!

 

もしGoogleアカウント or YouTubeのチャンネルをお持ちの方がいらっしゃいましたら是非一度、上記のライブ映像の動画を見ていただきたいです!

動画が「良い!」と感じたら高評価のボタンを押していただきたいですし、

逆に「良くない!」と感じるのであれば低評価のボタンを押していただいても構わないです。

見て下さる方々がどう感じるのか…そこは気になるところですが、

もしお時間に余裕がございましたら是非ご覧下さいませ!

 

1曲目はThe ABEEオリジナル楽曲

「GIRL (作詞/作曲…The ABEE)」で、

2曲目も自身のオリジナル楽曲

「羽~Feather~ (作詞/作曲…The ABEE)」は5:00~頃からスタートします!

まだ動画をご覧になっていない方は、お時間ございましたら是非ご覧下さいませ!

今後とも、Japanese Sapporo Singer Song Writerの

The ABEE(ジ・エイビー)を宜しくお願い致します!

それではっ!

 

#theabee 

 


スポンサードリンク