The ABEE(ジ・エイビー) -Thank you for Monthly 30,000PV!!

札幌でシンガーソングライターとして、ソロで音楽活動を行っておりますThe ABEE(ジ・エイビー)のブログです。おかげさまで、月間30,000PVを突破致しました。普段自身の公式サイトでは語らない事などをこちらのブログにて書かせていただきます。

あの国に対する怒り、書かせていただきます。 -今朝の出来事。

 

今朝の出来事

 

おはようございます。

朝6時、眠りの中にいる中で突然スマホから大きめの通知音が鳴った。

 

「…この音、Jアラートか…?」

今月の初め頃にも(違う件で)この通知音が鳴っていたので

緊急性のある通知音である事は目が覚めた時点で理解できた。

「近くの地域で川の氾濫が起こっているのか…?」

「それとも前みたいに誤送信なのか…?」 

最新の通知を見るまでは、そんな事が頭をよぎった。

 

大音量で鳴った今朝のJアラート。

スマホにてたった今、朝に鳴った通知を確認する。

 

「北朝鮮がミサイル発射」

しかも日本の上空を飛んでいるという通知。

 

そしてエリアメールにて緊急速報ののメールが通知される。

f:id:the-abee:20170829114238p:plain

 

いわゆるエリアメールというものです。

先ずJアラートの通知とほぼ同じタイミングで

1通目のエリアメールが受信された。

f:id:the-abee:20170829114559p:plain

 

「午前6:02に北朝鮮がミサイル発射。頑丈な建物や地下に避難して下さい」

 

今回ばかりは本当にヤバいと感じた。

情報の緊急性と、いま日本が非常事態であるという事が理解できた。

 

この通知を見て感じた事は

「頑丈な建物や地下に避難してください…って具体的にどこだよ…?」

そう感じました。 

 

頑丈な建物…今この状況だと、

頑丈な建物って言えば自分の家しかない。

しかし「もし自分の地域にミサイルが飛んで来たら、家だって簡単にふっ飛ぶぞ…?

具体的にどのような基準をもって頑丈な建物に避難しろといっているのか…?」

という不安はあった。

そして地下に避難しろといっても「地下鉄とかで良いのか…?」

となってしまう。

 

国が出した緊急速報の通知…
ミサイルが発射されてからの何分間の中での
迅速な通知である事は確かだ。

 

しかしながら「頑丈な建物への避難」の基準がやや曖昧で、
地下に避難しろと言われても…仮に地下鉄がそれにあたるとしても
家から地下鉄まで移動しても、仮に自身が住むエリアにミサイルが落っこちて来ても時間が間に合わないのではないか。

そう感じた。付近に核シェルターや地下シェルター的な場所がないので、正直いうと地下への避難は困難なのではないか…という不安がありました。

 

 

スマホの通知だけじゃ分からないので(普段そんなにテレビ見ないのですが)テレビの情報で今どうなっているのかを知る。

テレビは

「国民保護に関する情報」

という見出しで緊急事態の情報を流していた。

国民保護って事は…非常事態宣言レベルで(災害やミサイル等々…)ヤバい時に発動するあれかと。国民保護サイレンが鳴って我々の生命が危ないと知らされるあの警報が鳴るのかと…

そのような不安が頭をよぎりました。

 

テレビの「国民保護に関する情報」を見る。

 

「現在、北朝鮮が発射したミサイルは東北の上空を通過しています」と。

その中には北海道も含まれていたんですよね。

 

つまり…自身が住むエリアにいつミサイルが落下してきてもおかしくはない

という危機的状況であったのかもしれません。

…私は、テレビの情報をただただ見るだけで

「もしこのエリアにミサイルが落ちて来たら…その時はその時なのか…?」

など

何も出来ない無力さがあると同時に、テレビから流れる情報をただただ呆然と眺める事しか出来なかった。

 

最初の通知から何分かして、テレビで情報を確認したのと同じ位のタイミングで

再び2通目の緊急エリアメールが来た。

f:id:the-abee:20170829123333p:plain

 

「この地域の上空をミサイルが通過した模様です」

この地域…北海道か。

このエリアに住んでいる者だから

もはや他人事では済まされない状況である事は確かだ。

避難するべきなのか

それともテレビの情報をしっかりとチェックするべきなのか…

自身では何も出来ない状況ではあった。

 

ネットでの様々な情報

「…不安だ。」そう感じたので…

テレビの情報だけでは何とも言えないので

Twitterのタイムラインをチェックしてみる。

やはり北朝鮮のミサイルどうするんだよという投稿が多かった。

このエリアに住んでる人々の中では

「外からゴォォ…っと大きな音が聴こえた」

「ミサイルが上空を飛んでいるのが見えた」

「国民保護サイレンを初めて聴いた」

などなど、様々な情報が飛び交っていた。

 

その中でもTwitter内で多かった投稿は

「緊急速報の通知が来たけど、どうして良いか分からない」

という投稿だった。

そう感じている方々が多かった。

やはりみんな同じ気持ちだったのですね。

一方で

「北朝鮮、いいかげんにしろ」

という感情をぶつけるつぶやきも多かった。

その気持ちは僕も同じだ。

今年に入ってからあの国は

ヤバい位ミサイルを何発も発射しているのは勿論知っている。

これまでは海面に着弾するという感じで終わっていた。

 

でも今回は我々の国である日本の上空を通過した。

本格的に我々日本人の命の危機が脅かされているという事を

感じた。

私も、もういいかげん本格的にあの国に対しては

激しい怒りしかない。

 

勿論ツイッターでもミサイルに関する情報は

政府機関のツイッターでも投稿されていたし、

メディア・ネット関連のツイッターアカウントもキチンと情報を流していた。

 

先程の「国民保護に関する情報」は

一部ですがTwitterの投稿を埋め込んでみた方が分かりやすいので、載せます。

 

 この国民保護情報のあとに、

「北朝鮮が発射したミサイルの一部が北海道の襟裳岬に落ちた」

という情報が入って来た。

ミサイルが…ではなく、「発射したミサイルの破片の一部が襟裳岬に落下」

という事ですね。

しかしその破片にも有害な物質が含まれているかもしれないし、

日本の領土・領空・領海が北朝鮮によって脅かされた事は事実だ。

「到底許されるべきではない」という言葉では済まされないレベルまで来ている。

自分達の国が他国に脅かされ続けて、

遂に日本のエリアに「ミサイル発射・通過」という形で入って来た。

 

今回この事を記事にしたのは

ミサイルを発射したあの国に対する怒り

があって、それが基でこの記事を書いている。

僕らの周りの大切な人々が

他国の脅威によって生命の危機に脅かされている

それがもう許せない

だから今回、私はこの記事を書いています。

 

北朝鮮が発射したミサイルに関しての今朝の出来事は

Twitterのモーメントにて分かりやすくまとめられておりますので、

そちらを見た方が分かりやすいかもしれません。

 

Jアラートの通知が来てから、ミサイルがこちらにやってくるまでの時間が

約4分間…

その4分間は短いのかもしれないが…

少なくとも

外にいる人はその4分間で建物に避難できる可能性があるかもしれないから、

その4分間で命を守る事が出来る可能性がある

…と、上記のモーメントでまとめられてますね。

 

他にもTwitterの情報を見ると

北朝鮮の弾道ミサイルはアメリカに向けて発射する過程で

ミサイルの一部が襟裳岬の落ちたという情報もございますが…

北朝鮮に関しては「いいかげんにしろ」とか「遺憾の意」を表明するレベルを通り越した怒りというのが個人的にはあります。

 

今回は…

今回のミサイルの件で、政府の方々の対応や自衛隊の方々の対応に関して様々な意見がございますが…

日本政府が今回の非常事態においては情報や発表等々…しっかりと発表していたと感じておりますし、

いわゆる有事の状況の中で、自衛隊の方々が「なぜミサイルを撃たなかったのか」という意見に関しては…かなり慎重な判断をした結果だったのではと考えてしまいます。

飛んできたミサイルをすぐに撃ったら、更に被害が拡大する可能性だってある。

自衛隊の方々の判断は慎重に出来ていたのかもしれない…と感じております。

 

あと人によっては「Jアラームがうるさい」というつぶやきもございましたが…

それを言うのはおかしいと感じております。

 

北朝鮮に対する激しい怒りなら分かりますが、

Jアラームで朝方叩き起こされたから五月蝿いって…

何を言っているのかと(苦笑)

 

スマホにある、そのJアラームの機能がなかったら

…何も知らずに命を落としてたかもしれないんだぜ?

その緊急速報の通知が無かったら、

何も出来なかったと思うし

何も知らずに命を落としていたかもしれないんだぜ?

 

例えどんな時間帯であろうと、

緊急速報の通知は(誤送信でない限りは)必要なものなんだから

それをうるさいだなんて言えないよ、俺は。

 

ただ、いざ緊急速報のエリアメールが来て

「頑丈な建物や地下に避難してください」と書かれても

「じゃあどこへ避難すれば良いの…?」

という混乱と不安があるから、

具体的にどの場所に避難すべきかはキチンと明記しなければいけないのかもしれない。

実際、いざ通知が来たら何も出来なかったのが現状だし…

それこそ「自分の身は自分で守る」を我々がキチンと意識して生きて行かなきゃいけないのか…

色々と考えてしまいます。

 

今回、何が言いたかったのかと言うと…

今年から北朝鮮の連中が行っていたミサイル発射、

日本の排他的経済水域にも入って来て徐々にヤバくなっては来たのだが…

いよいよ日本の領域にも入って来たという事を実感してしまう出来事だと感じた。

 

今回、私がこの記事を書いた理由というのは

ネタにしたいとかそんな陳腐なものではないのです。

 

あの国に対して「許さない」という怒りの感情がものスゴく強く

て、もう黙っていられなくなったので書かせていただきました。

 

普段私は時事的なニュースを題材に記事を書く事はほとんどないのですが

(仮にあったとしても、その時は具体的な事は明記せずに書いてる)、

今回ばかりは

自身の周りにいる、大切な人々の命が脅かされている

という事に対する怒りの感情が

キッカケで、この記事を書いております。

 

長文、失礼致しました。

 

#theabee