The ABEE(ジ・エイビー) -Thank you for Monthly 30,000PV!!

札幌でシンガーソングライターとして、ソロで音楽活動を行っておりますThe ABEE(ジ・エイビー)のブログです。おかげさまで、月間30,000PVを突破致しました。普段自身の公式サイトでは語らない事などをこちらのブログにて書かせていただきます。

良い音楽と美味(うま)い料理は…

 

こんにちは。

前回の記事、あの時の出来事を書かせていただきました。同時に、例のあの国に対する強い怒りというものを書きたかったのです。

私は普段、時事的な事を記事にして具体的な事を書いたりはしないのですが…

さすがに今回の出来事は「いいかげんにしてくれ」という気持ちで、

自分自身が感じた事を含めて、具体的に書かせていただきました。

 

地域によってはJアラートが鳴っていない地域があったとの事で…

やはりエリアによっては通知している所とそうでない所があるという事が分かりました。コメントして下さった方々、ありがとうございます。

 

私の住むエリアはJアラートが鳴らなければいけないエリアで、

しかも上空を飛んでいた…という状況でしたので

命の危機というのは感じておりました。

 

何よりも

私の周りにいる大切な人々が

他国によって生命の危機に脅かされている事が

何よりも許せなかったし、怒りが込み上げて来た。

だから前回は例のあの国に対する怒りというものを書かせていただきました。

 

考える事はたくさんあるが…

私の、コチラの個人ブログでは

普段は音楽関連をテーマにしたり、ネット関連(サイトやブログなど)をテーマにした記事を書いております。

この時期になるとよくPV数に関する記事を書くのですが、いまはその記事を書く気持ちではないです。ですので、PV報告云々は来月の初め頃に…という事で。

数値が気になる方のために一応お伝えいたしますが…今月8月は、先月達成した数値を既に超えている

 …という所だけお伝えさせていただきます。以上。

 

前回の記事では、例のあの出来事に関して怒りをこめて書いてしまいましたが…

これ以上続きを書くのも何か違うので、ひとまず冷静になって落ち着いて行きたいところでございます。

 

大変だけど…

 

(前回の記事から切り替えて)

ここからは、話を少し変えます。

 

世界中の様々な国との間で様々な交流がある一方で、対立や緊張状態にある国というのも沢山ございます。

我々が住んでいる日本という国も、他国と様々な壁がありつつも

交流がある国はいくつかあります。

 

…しかし「文化の違い」「思想の違い」等々で

外交的にも経済的にもピリピリしている国はいくつかあると思うんですよ。

 

他国と分かりあうというのはそう簡単な事ではない。

アメリカやイギリスやロシアや中国など、大きな国はたくさんあるが、

民族的な思想の違いや国の主義の違い、文化の違いから分かり合えない事だって

たくさんあるかと思います。

やはりいつどんな脅威が起こるか分からないから国防も防衛力も必要なわけで…

有事の際は、出来るだけ自国の防衛のためにやらねばならない時だってあるかもしれない(できればそのような出来事は起こって欲しくないですが)。

 

悲しい事に、人っていうのは生き物な訳ですから…争う本能のようなものってあると思うんですよね。その本能を出来るだけ制御するために理性というものが存在するのですが…人でも色んな生き物でも、何かしら物事において優劣をつけたがる。ゆえに理性では制御できない本能的な何かがあると思うし、そういったものがあるから歴史は繰り返されるのかもしれない(今現在でも、歴史は同じ事を繰り返していると思う)。

 

人の業の深さというのは何とも言えないですが…

あんまり語り過ぎると中二病感が満載な記事となってしまいますので、

一人語りはこの辺にしときます(笑)

 

 

私なりに考えること

 

国による主義・主張、文化の違いや民族的な思想の違いから

対立というものが起こりますし。

お互いの国の事を100%分かり合うのは難しい事であると感じております。

 

例えば、日本と国交が盛んな国をイメージしろと言われたら恐らくアメリカになる。

英語やアメリカ文化などの知識を得て理解しているかもしれない。

でもその国の文化について深く調べてみたら、知らない事が多いかもしれない。

人種問題や民族問題・社会問題、食文化等々…調べてみると分かっていない事が多い。

仮に分かっていたとしても「分かっていたつもり」である事は多いから、

僕らは意外と勉強不足なのかもしれない。

アメリカじゃなくても、ロシアだったりドイツだったり…

そこの国の事を学校の勉強で学んで分かっていたとしても…色々調べると知らない事ばかりだし、驚く事がいっぱいある。

一方で我々日本人も、外国の・他国の方々が日本の事を学んで知識を得ていたとしても、きっと知らない事の方が多いのかもしれない(例えば、分かっていても言わない所謂「お察し」の風潮がある所とか等々)。

 

…う~ん、難しい。

相手の国や人の事を知ろうと思っても、

その歴史や文化を良い感じに理解するのには時間がかかる。

学ぶ時間をとろうと考えてもなかなか出来ないのが煩わしいところです…。

 

 

…すっごく個人的な考えなんですけど、良いですか?

 

例えば、Aという国の音楽があるとします。

世界中の国々が「良い!」と感じるようなAという国の音楽があるとします。

その国の音楽は何らかのキッカケで、どこの国の方々にも聴かれ・愛されている音楽…があるとします(売上等のそういった要素は別です)。

例え他国のBという国が「Aという国が嫌いだ!」という考えがあったとしても、

「Aという国の音楽は好きだ!」という事ってあるのではないかと思います。

 

 

もう一つ例を挙げると、Cという国の料理があるとします。

世界中の国々が「良い!」と感じるようなCという国の料理があるとします。

その国の料理は何らかのキッカケで、どこの国の方々にも美味しく食され・愛されている料理…があるとします。

例え他国のDという国が「Cという国が嫌いだ!」という考えがあったとしても、

「Cという国の料理は美味しいから好きだ!」というもあるのではないかなと考えます。

 

文化や考え方の違いから「分かり合えない」という国が出て来るのは仕方のない事なのかもしれません

でも

他国の良い音楽を自分の耳で聴いて「良い!」と感じるならとても良い事だと考えておりますし、

他国の美味しい料理を自分の舌で味わって「美味しい!」と感じるなら、

それはとても素敵な事であると考えております。

f:id:the-abee:20170830151343p:plain

 

僕は思う。

自分の国も他の国も、考えや文化の違いから

全てを分かり合うのは難しい。

そう考えると様々な国の間では国境

…というよりかは「境界線」というものが出来てしまっているのではないかと考えております。

 

でも「良い音楽」に境界線ってあるのでしょうか?

「美味しい料理」に境界線はあるのでしょうか?

僕は「そこに境界線はない」と考えております。

 

どんなにいがみ合っていても、

良い音楽を一緒に楽しく聴けば一緒に楽しみを共有できる。

私は(ぶっちゃけてしまうけど)「音楽で世界を平和に」なんて出来ないと考えている部類の人間でございます(汗)

平和をテーマにした音楽を否定しているのではなく、音楽で世界そのものを平和にしようという考え自体が結構難しい…というか、かなり無理な話なので

それはないなと考えてしまうんですよね(^_^; 汗

 

音楽で世界を変える事は出来ない

…でもBob Marley(ボブ・マーリィー)のように、

音楽で自国であるジャマイカを変えた人もいる。

 

音楽で世界を変える事は出来ないが、

良い音楽で、楽しさを一緒に共有する事は出来ると思う。

 

一方で美味(おい)しい料理を一緒に楽しく食べる事が出来るのなら、

その時はどんな人々でも料理の美味しさとその楽しみを共有出来ると考えております。

美味い料理、美味い飯(メシ)には国境なんてない。

一緒にその料理を美味しくいただく事が出来れば、

その楽しさを一緒に共有することが出来るのではないのか

…と考えております。

 

 

私は考える。

 

良い音楽と

 

美味(うま)い料理に

 

境界線などない。

 

私はそう考えております。

 

 

 

…あとうまいsakeね(笑)

 

 

 

皆様にとって

今日一日が良い日でありますように(^_^)

 

#theabee