The ABEE(ジ・エイビー) -Thank you for Monthly 30,000PV!!

札幌でシンガーソングライターとして、ソロで音楽活動を行っておりますThe ABEE(ジ・エイビー)のブログです。おかげさまで、月間30,000PVを突破致しました。普段自身の公式サイトでは語らない事などをこちらのブログにて書かせていただきます。

HOTLINEの動画、再生回数1,000回以上もご覧いただけたのですね…!感謝です!

 

こんにちは!

Japanese Sapporo SingerSongWriter 
The ABEE(ジ・エイビー)です!

今回は、少し気になった事がございまして…

「おっ!」って思った事を書かせていただきます。

 

8月に出演したHOTLINEのライブ動画が…!

8月の初めにThe ABEEが出演したHOTLINE2017の予選動画に関してですが…

f:id:the-abee:20171011231312p:plain

視聴回数1,314回…!!

YouTubeのコチラのライブ映像の動画、再生回数が1,000回を突破しております…!

 

…ってか、

もう既に再生回数1,300回突破してるじゃないですか…っ!!

8月にライブ映像の動画が公開された時に、

コチラのブログでも地道に宣伝をさせていただきました。

確か再生数が500回突破した時に、

「500再生突破、ありがとうございます!」

という内容の記事を書かせていただきました。

www.theabee-blog.com

 

あれからもう2ヶ月と、とうに時は過ぎておりますが…

The ABEE(ジ・エイビー)が出演したHOTLINE予選動画、多くの方々にご覧いただきまして、感謝です!本当にありがとうございました!!

 

本選には進めませんでしたが…

動画だけでも、多くの方々にご覧いただく事が出来て感謝です!

動画の再生数=本選に進める…という事ではないというのは、私自身も重々承知しております(^_^;汗

やはりそこは、歌唱や演奏・人気や活動実績等々がポイントになって来るのかなと思います。その点を総合して大会審査員の方々・審査する方々が「よし!この人を本選に出場させたい!」と思えるような、魅力ある(?)アクティブな要素も必要だったのかなと考えたりもします(あくまでも私自身の推測ですが)。

 

この日私のライブをサポートして下さったサポート リードギタリストさんは、

本当に素敵なギターサウンドを奏でていただきました。

 

…ですので、本選云々に関しては

私The ABEE自身の歌唱や演奏等々を
もっと変化球つけるなどして切磋琢磨して行く事が大事なのかなと考えております。

 

ここまで書くと「きみは本選に進んで、ファイナル行ってグランプリを取って有名になりたくてHOTLINEに出たかったのか?」と聞かれるかもですが…

私自身は、そうじゃないんですよね。

もしもThe ABEEが本選に進めるとしたのなら…

自身が作る音楽を…地元だけでなく、

多くの地域や多くの地方の方々に幅広く発信する事が出来る

という可能性があるのではないか

という事を信じて、私はHOTLINEに出場しております。

 

やっぱ、自分でオリジナル楽曲を作る事が出来るのなら、

もっともっと多くの人々に自分の音楽を・楽曲を聴かせたいじゃん?

それで多くの人々に「この曲いいね!」って感じてくれるなら最高じゃないですか…!

 

もっともっと、多くの人々に自身が作った音楽を・楽曲を聴かせたい!

私は、そう考えながらHOTLINEに出場しております。

 

 

でもまぁ、せっかく予選に出場したのなら…

本選には出れなくとも…少なくとも、予選だけでも

なにか印象に残るものであったら最高じゃないですか…!

…そう考えてしまう事もございます(汗)

 

 

例えば

2012年の金魚草みたいに

www.youtube.com

その崩壊したバンドアンサンブルが、色々な意味で聴く者を捕らえて離さないような

強烈な爪跡を残すバンドさんもいらっしゃいますし(きっと本人達は、無意識のうちにアヴァンギャルドなバンドサウンドを鳴らしてしまっていたと思われる)、

私は冗談抜きで「誰にも真似できない音を鳴らしている」と考えております(個人的には…もしもFrank Zappaさんがご存命ならば、彼らに注目していたかもしれません)。

 

一方で 

孤独の鳥居さんのように、

色んな意味で「スゴいバンド」 と言われながらも、

演奏フォーマットや歌い方など、

敢えてその音楽スタイルを貫き続けて

色んな意味で爪痕を残してしまう方々もいらっしゃいます(^_^;)汗

www.youtube.com

 

上記の二組のグループは、本選には進めなかった(かもしれません)が…

ネット上では賛否両論ある中でも語り継がれております。

 

まぁ…上記の二バンドさんは、

通常とは少し異なった意味でインパクトのあるバンドさんですが(汗)

 

私は上記のお二組のバンドさんのような事は出来ないです。

仮に彼らのように話題性を意識してHOTLINEに出たとしても

お二組に失礼だと思いますし、意識して真似するべきではないと感じております。

 

 

 

もっと先に進むためには…

 

・今以上に、The ABEE自身の歌唱力を伸ばす。
・作ったサウンドを・音楽的なダイナミックさを観る人達にもっと伝えるための工夫をする。

 

…というところかなと感じております。

私はただストレートに

歌と演奏で勝負したいと今後も考えておりますし(というかライブなので、現時点では

歌と演奏以外で勝負出来るものはないのではないかと考えられる)、

作った音楽やサウンドがどこまで行く事が出来るのか、試してみたいのです。

 

うし!

今後もシンプルに「良い」と感じていただける楽曲を作り、

「音楽」で勝負できる活動をして行きます!

それではっ!

 

#theabee