The ABEE(ジ・エイビー) -Thank you for Monthly 30,000PV!!

札幌でシンガーソングライターとして、ソロで音楽活動を行っておりますThe ABEE(ジ・エイビー)のブログです。おかげさまで、月間30,000PVを突破致しました。普段自身の公式サイトでは語らない事などをこちらのブログにて書かせていただきます。

「納得のいく楽曲」を作るのは大事。-そして、パッションを持って作れ!!

 

こんにちは!
Japanese Sapporo SingerSongWriter 
The ABEE(ジ・エイビー)です!

www.theabee-blog.com

 

「納得のいくライン」で楽曲を作る事は大事だが…

音楽を・楽曲を・作品を制作するにあたって、 

「完璧主義になり過ぎず」

かといって

「妥協せずに完成度を突き詰める」

というポイントを見つけるのは難しい。

そのポイントを自分なりに見つめて
「納得のいくライン」というポイントを見つけて

自身が作りたい・表現したい楽曲を作り・制作する事が大事だと考えている。

しかし、「納得のいくライン」を見つけて楽曲を制作するだけでは意味がない。

「納得のいくライン」という中間地点を考えながオリジナル楽曲を作るだけではダメなのだ。

 

そこに情熱はあるか?

音楽を作るうえで、

「完璧主義」になる事は悪くはないのだが、100%完璧な音楽を追及し続けると…

いつまで経っても自身の楽曲を世に出せないし、日が暮れてしまう。

ある程度の「妥協点」を見つけながら楽曲をつくればスムーズに曲を作る事が出来るかもしれないが…妥協に妥協を重ねた音楽なんて何も心に響かないし、

魂を感じない音楽を作る事になってしまう。そんなのは嫌だ。意味がない。

 

そこで「完璧」と「妥協」の中間点かもしれない

「納得する」というラインで、

自身が作りたいオリジナル楽曲を作詞/作曲・編曲して一つの作品を・音源を作り上げる事が重要だ。

 

そして忘れては行けないのは、自分なりに

「納得のいくカタチ」で制作したい楽曲に情熱を入れる事、

自分で作った楽曲にパッション(情熱)を入れる事。

これが自身でオリジナル楽曲を作るうえで重要な要素だと感じる。

f:id:the-abee:20171016000418j:plain

 

あなたの作ったその楽曲に、情熱はあるか?

その楽曲に、全力を込めているか?

その楽曲に、自分なりの想いはあるか?

 

どんなに「納得のいくライン」を見極めて作った楽曲でも、

そこに「パッション」や「情熱」というものを込めなければ意味がないんだぜ?

自身で作ったオリジナル楽曲を制作する時は、

魂を込めて楽曲を制作しましょう。

それでは。

 

#theabee